英語スクリプトとともに嗜むおもしろ動画 in English!

英語を動画で勉強したいと思う人!ニュースやスピーチなど、堅い動画だけじゃ疲れませんか?面白い、笑える動画なら、何回見ても楽しめます。同じ動画を何回も見れば、もっと効果的に英語を学べます。このブログは字幕のついていないYouTube動画でも、勉強に活用できるように、何回も見たくなるような面白動画をトランスクリプトとともにアップ+毎回本当に使える表現を紹介していきたいと思います!スクリプトを活用して英語力アップしましょう!

みなさんは海外の番組でお気に入りのものはありますか?
私はまだリスニングがそんなにできない頃から、オーディション番組をよく見ていました。Simon Cowell(サイモン・コーウェル)のAmerican Idolは見ていませんでしたが、X Factorがイギリスで始まってから見るようになって、それからはBritain's Got TalentとかAmerica's Got TalentとかX FactorUSAとかずいぶんと楽しませてもらいました。そこから覚えた英語も多いと思います。完璧には聞き取れなくても雰囲気でなんとなくわかるし、メインは歌なのでそこは英語関係なく楽しめますからね。
そこで今日は、XfactorUKのワーストオーディションのコンピレーション動画を見てみたいと思います。ワーストなので、ちょっと思い込みの激しい方々が夢をかなえるべくオーディションに来るのですが、待っていたのはサイモンからの激しい拒絶でした。

★この動画の概要★
X Factor UKより。最悪の出場者が4人フィーチャーされてます。
ドナルド君:これだけBritain's Got Talentのもので、第1オーディションから観客を入れてホールでやってます。ドナルド君はものすごく歌が下手なのになぜか観客から絶大なサポートを受け大盛り上がりに。(トランスクリプトは割愛してます。歌をお楽しみください)
Ariel:Holistic vocal coachのアリエル。
Rachel:ものすごく態度の悪いお姉さん。
(あまりにも放送禁止用語が多くピー音しかないのでトランスクリプトは割愛してます。)
Debbie:自信満々だったのが審査員のLouieに全否定を受け、逆上。(11:43~)

★この動画の単語★
impress: ~に好印象を与える。感動させる
holistic: 全体論的な、ホリスティックな
take into account: ~を考慮する 
scrap: ケンカ 
atrocious: ひどい 
perspective: (物事に対する)視点
degree: 学位 
deluded: 勘違いの
contestant: 出場者 

トランスクリプトは(3:37~)
 
(3:37~)
Narrator:
And as night falls, it's time to find out if Ariel can impress the judges.
Ariel: Hello. First of all, let's sort this out. I am not a number. I'm a human being.
Louie: That's OK.
Ariel: My name is Ariel. I'm a holistic vocal coach. I'm a generalist- not a specialist, a generalist. My voice does a lot of things. So I was a little bit confused as to what to sing to you but I'll find little something, alright?   
Simon: Right, ok. You're not a number. You're a person. You're a-, tell me what you are again. 
Ariel: A holistic vocal coach.
Simon: What does that mean?
Ariel: I am a vocal coach. I work holistically.
Simon: Give me an example.
Ariel: I take into account people's body, people's emotions, people's thoughts, and people's energy.
Simon: And who have you taught who has been successful?
Ariel: Well, Matt Tuck from Bullet From My Valentine.
Simon: All right. Well, I, obviously, believe you think you can win this, yeah?
Ariel: Of course.
Cheryl: Could you stand on the X, please, Ariel. Is there a problem with that?
Ariel: No, there's not a problem with that, but can I get on with singing please?
Simon: Yes. I mean whenever you're ready, you do whatever you want.
Ariel: Ok. (Ariel sings.)
Simon: That was a complete and an utter nightmare.
Ariel: The idea behind it was that you get to understand that every line is a different style. If you want me to sing something else....
Simon: I. Don't. Care.
Cheryl: Do you know what? If I came to you for holistic vocal coach, I would be scared of you, actually, really quite scared of you. By the way, you walked over to me and I thought we were gonna have a scrap.
Ariel: You've obviously never been a rock singer, love?
Cheryl: No....
Simon: Ariel, it was a nightmare. I don't care what you were trying to do. It was just horrific. The song was atrocious. Everything. Even- even that hair! 
Ariel: It wasn't a SONG. The piece I have just performed to you-
Simon: It wasn't a piece.
Ariel: -is an academic construction. It is not a song.
Simon: No, it wasn't.
Ariel: It is something to show you what my voice can do.
Simon: We didn't like it.
Ariel: If you-. It wasn't something to be liked. It was something to be understood from an academic perspective. Obviously you're not an academic!
Simon: And you're not a very good singer.
Ariel: Oooo, we are proud. Well, I shall say good-bye to you. Good-bye to you. But not before. Not before I have advised you that you might want to show a little bit of respect(?). Fuck you.
Simon: Back at you. (It's) been a pleasure.
Ariel: You are stupid.
Simon: Anyway, yes or no? 
Cheryl: I would say yes. Oh my god.
Ariel: I don't need Simon Cowell to tell me I can sing, because I have a degree in it.
(11:43~)
Louie: Hello. Stand on the X, please. And your name is?
Debbie: Debbie Stevens.
Louie: Debbie, why are you here today?
Debbie: Because I've got the X factor. I know I can win and...I've just got it, basically.
Louie: Really!?
Debbie: Yeah!
Louie: How good are you?
Debbie: I'm amazing!
Louie: So, Deborah, what are you gonna sing?
Debbie: I'm gonna sing "When you believe" by Whitney Houston and Mariah Carey.
Louie: Ok. Great song.
Debbie sings...
Louie: Thank you, Deborah. Was she that good?
Sharon: Your voice is ok. You've got no star quality about you. There's no charisma.
Debbie: No Charisma!?
Simon: Yeah, I agree with Sharon. A bit pop singer-ish, I thought.
Debbie: Really?
Simon: Yeah. I felt your confidence was slightly deluded.
Louie: Deborah, the reality is you're not very good.
Debbie: Now, you know what? You were the one person I didn't wanna see today 'cause I really wanna slap you now.
Louie: But you are not a good singer.
Debbie: I'm not a good singer? That is why I've been a singer since I was a 6-year-old, and everyone I've ever met, even people who don't even like me have come up to me and told me I've got an amazing voice? You can't bloody sing, mate!
Louie: I don't wanna be a singer.
Debbie: I don't really care what you think. You can't sing. You have no talent. Get out!
Simon: All right. Louie, yes or no?
Louie: Absolutely 100% rubbish. She's got a really bad attitude. She will never be a star in the music business.
Debbie: I'll never be a star? I'm already a star.
Louie: Never ever ever...
Sharon decides to remove her from the room but Debbie's not finished yet.
Debbie storms back in. Louie sees what's coming.
Louie: I saw her coming.
Simon: You threw water over her...?
Louie: But she was gonna do it to me!
Simon: You threw water over a contestant?
Louie: Yes before she did it to me.
Simon: You're not supposed to do that! You can't throw water over a singer.
Louie: She was doing it to me!
Simon: She didn't. You threw over her!
Louie: She was doing it to me.
Debbie: I will be an international super star in years to come, because I have got what it takes and I don't care what Louie Walsh says 'cause Louie Walsh can **.

まずはArielの方から・・
I was a little bit confused as to what to sing to you
be confusedは「困惑している」です。
アリエルの場合、自分はgeneralist(万能型)でspecialist(専門家)じゃない、つまりロックシンガーでもパンクでもジャズシンガーでもなく、その全部ができちゃう人なので、オーディションで「何を歌うか決められず困惑していた」わけです。
「~について困惑している」と言いたいときは、前置詞はaboutでもoverでもOKです。でもアリエルのようにas toを使うとちょっと知的。

Mother, I'm confused as to why I have to clean the whole house by myself.
お母さま、なぜ私が家中の掃除を一人でせねばならないのかわからないのですが。

holistic vocal coach
全体論的ボーカルコーチ 
ボイストレーナーは英語でa vocal coachです。
holisticは日本語でもホリスティック医学とかホリスティックビューティーなどという感じで広まりつつあるアプローチで、要は人間の全体を見て治療やケアを施すものです。
アリエルはholisticallyにボーカルをコーチするので(ルー大柴?)、ボーカルだけを見るのではなく、その人の体、感情、思考、エネルギーを考慮して(take into account)コーチするのだと言ってます。

The idea behind it was that you get to understand that every line is a different style.
(この作品の)背景にある意図はね、すすむにつれて一つ一つのラインが違うスタイルだってわかるようになってるのね。
The idea behind it: 背景にある意図
このget toは「徐々に~してくる」という意味です。

I got to understand the business culture in this country.
この国でのビジネスの文化が徐々にわかってきました。 

アリエルの歌は、ポップらしい感じからメタルに変わって最後はクラシカルな感じ・・かな?
サイモンには理解されないアカデミックな作品でしたね・・・。

続いては、デビー。
I've got the X factor.
X factorは「X要素」という意味です。スターになるためには特別な「何か」が必要で、その「何か」を持っている人を見つけ出そう!という目的で始まった番組なので、そういうタイトルになったんですね。デビーは私にはその「X要素」があると確信してるわけです。

I'm not a good singer? That's why I've been a singer since I was a 6 year old, and everyone I've ever met, even people who don't even like me, have come up to me and told me that I have an amazing voice? 
あたしの歌が下手?6歳から歌手やってて、今まで会った人みんな、あたしのことが嫌いな人でさえ、あたしの歌がすごいって言ってくれたのは、あたしの歌が下手だからだっていうの?(なわけないだろ) 
That's whyは「だから~なのだ」という意味ですが、ここでは皮肉っぽく使ってます。「だから~だって言うのね(そんなわけないだろ)」という反語ですね。
「歌がうまい」の言い方はいろいろあります。
You are a good singer.
You can sing!
You've got an amazing voice!

I'll be an international superstar in years to come, because I've got what it takes.
あと何年かしたらあたしは国際的スーパースターになってる。私には才能があるから。 
in years to come: 何年かしたら、近い将来
I have what it takes.はこの場合、I have what it takes (to be a superstar.)というふうに補ってあげるとわかりやすいです。what it takesは「スーパースターになるために必要なもの」という意味ですね。才能であったり運であったり、とにかくすべての必須事項をクリアしている、という意味です。

***

いかがですか?なかなかかぐわしい方々が登場してますよね。こんなろくでもない人々の動画は英語を学ぶのに値しないという意見もあるかもしれません。では、英語を学ぶのに一番適した動画は何かと言われれば、私はこう答えたいと思います。 
何回も見たくなる動画
これに尽きます。どんな素晴らしいTEDのスピーチでも、一回観たくらいではそこで使われた英語は頭の中に入りません。何回も繰り返し見ることで初めて英語を自分のものとして脳に焼き付けることができるのだと思います。
私は・・なぜなんでしょう。この人たちの動画がその昔すごく気に入ってしまって、何十回と見ました(笑)特にアリエルがお気に入りで、怖いもの見たさなんでしょうか、疲れ切って何もしたくない時などにふと見たくなったりしてました。なんらかの癒し要素があるんでしょうね(笑)でも、The idea behind it is...とかfrom an academic perspectiveなんていう言い方はこの人から学んだ気がします。とりあえずトランスクリプトさえあれば、どんな動画でも英語の勉強になるんだということですね!

それでは、また!
 

さて、安倍首相とトランプ大統領の会談が終わり、19秒の握手がメディアを賑わしたばかりですが、安倍さんの思惑としては、"America First"つまり「アメリカ第一主義」というトランプ大統領のモットーはわかりますけど、

2番は?


ねえ、2番はどうかウチの方をなんとかナニしていただけませんですかねえ?

という感じでしょうか。

安倍さんの戦略はTime誌からは、"Flattery"つまり、お世辞・おべっかであると言われてしまいましたが、それは側近をイェスマンで固めるトランプ大統領には最強の戦術ですからね。

そして、2番の座を求めるのは安倍さんばかりではありません。
ほかの国からも続々と「アタイをあんたの2号はんにして!」というラブコールが届いております(笑)

それはNetherland、オランダから始まりました。
「アメリカ第一なのはわかります。でも仲良くしたいのでトランプ大統領に我が国を気に入ってもらえるように紹介ビデオを作りました。大統領のお好きそうな感じで。」
字幕ボタンをONにしてご覧ください。その際、設定で「英語」を選択してください。


内容はけっこう国内の人向けのネタが多いと思うので、笑いどころがわからない箇所も多々あります。基本的にトランプ大統領の物真似なんですが、このオランダからのビデオに「抜け駆けだ!」と言わんばかりに、とにかくいろんな国から、「2号はん希望」ビデオが出てきているので今日はずらっと並べてみたいと思います。
基本的なキーワードだけ、ちょっと解説です。

"Huge!" 
語彙が少ないので有名なトランプ大統領。誉め言葉は"Huge!""Fantastic!"”Amazing!””Great!”のヘビーローテーションです。 
"tiny hands"
トランプ大統領は手がちっちゃいので有名です。なので、"your huge hands"はヨイショです。
"Sad!"
トランプ大統領のツイートのキメの言葉。"Sad!"または"Terrible!"または"Wrong!"
"It's true."
証拠のないことでも、俺が言えばそうなるんだと言わんばかりに、この「ほんとなんだよ」を連発するトランプ大統領なのでした・・・。
"grab ○○ by the pussy"
トランプ大統領の選挙期間中のスキャンダル。「俺くらいのスターになると女はなんでもやらせてくれるよ。」"grab them by the pussy"つまり「女性器をわし掴みなんていうこともできちゃうよ、俺なら」という過去の発言が問題になりました。
"fake"
トランプ大統領は自分に批判的なメディア(特にCNN)は"fake news"と呼んでいます。
"alternative fact"
トランプ大統領の側近、コンウェイ女史が編み出した言葉。スパイサー報道官の発言に事実と違う箇所があったと指摘されて、コンウェイ女史:あれは「嘘」ではないんです。「第二(別)の事実」なんです。

そしてオランダのビデオの中で何気にディスられていたデンマークから。
オランダとはほぼ隣国のデンマーク。イメージ的にも近いので近親憎悪があるのでしょう(笑)オランダの悪口を盛り込みながら、デンマークをトランプ大統領にアピールしています。



スイス!

「フォンデュは観光客しか食べない」とかはスイスあるあるの代表格なんでしょうね(笑)

イタリア!


フィンランド!


アフリカはナミビア!


モロッコ!


オーストラリア!

「この7年間のオーストラリアの政策はアメリカ第一・オーストラリア第二主義だった」日本なんか過去20年間くらいはアメリカ第一主義なのでは・・?

そして私の住む愛すべき南の小国、ニューズィーランドから!


こうしていろいろ見ると、みんなそれぞれの問題を抱えているんだなあとしみじみしてしまいます。これ以外にもドイツやルクセンブルグ、クロアチア、カザフスタンなどなど複数の国から「紹介ビデオ」が出てきているので、興味があればご覧ください。
トランプ大統領の口癖とかスキャンダルとか、本当に全世界に浸透してますね。英語圏の国は、英語という国際語が公用語なので、そのメリットは計り知れないけれど、こうしてみると国の恥部が全部国際社会に筒抜けになってしまうというデメリットがあるんですね(笑)

それではまた! 
 

映画「ラ・ラ・ランド」の日本公開が迫って参りました。
今年の英国アカデミー賞を席巻し、作品賞受賞を始め数々の賞にノミネートされた傑作です。ぜひ、劇場に足を運ばれることをおすすめ・・・したいところなんですが、私は見ておりません。なので、どういう映画かはよくわからないんですが、どうやらライアンゴズリングとエマストーンが歌って踊るミュージカル風の作品らしいです(適当)
いや、映画とかTV見ない自慢じゃないんです。けど、小さいお子さんのいる方はわかると思いますが、映画館なんて子どもがいたら見に行くのはアンパンマンかクレヨンしんちゃんくらいですよね。NZにはアンパンマンも、クレヨンしんちゃんもいないので、私はここ10年映画館に行ってません。
あ、アンパンマンで思い出しましたが、うちの3歳の子どものバイリンガルぶりをちょっと自慢したいと思います。
アンパンマンの靴を送ってもらった息子。アンパンマンはよく本を読んでいるのでキャラには通じています。
私(アンパンマンを指さして):これだ~れ?
息子:あんぱんぱん。
私:そうだねえ。(じゃあばいきんまんはどうかな?)
息子:ばいきんまん。 
私:そうだね、ばいきんまんだね。(じゃあしょくぱんまんはどうかな~?)

息子:・・・・bread. 

しょくぱんまん、容赦なく無生物にされてしまいましたとさ(笑)
どうですか、このバイリンガルぶり。素晴らしい使い分け(笑)

さて、小噺は置いておいて・・
そのライアン・ゴズリングなんですが、いろんなグッズに彼の顔をプリントするのが流行ったり、とにかく今やイケメンの代名詞という扱いを受けてますね。でも本人は、自分の顔を美しいと思ったことはないらしく、人柄も普通のお兄ちゃん、というかおっさんみたいなしゃべり方をする、とっても気さくなお人です。

★動画の概要★
Jimmy Kimmel Live!にて。「ラ・ラ・ランド」で覚えたダンスを全部忘れたというライアン・ゴズリング。唯一覚えているワルツをジミーに手ほどきをすることに。ライアンのけっこう厳しいコーチぶりに注目です。 


Jimmy: ...I mean, really, you dug deep down those Micky Mouse Club roots. I mean, that paid off in a big way in this particular film. 
Ryan: Oddly enough, I thought my background in 90s HipHop would help.
Jimmy: Uh-huh. Did it?
Ryan: But it doesn't translate to soft shoe and waltz.
Jimmy: Do you feel like now when you go to a wedding or something, you'd be the star on the dance floor, you know, you'd be great?
Ryan: I forget everything.
Jimmy: You've already forgotten everything!?
Ryan: Yeah, as soon as we did it, you know, I emptied out my brain and I had to, like, program it with what else was coming up next.
Jimmy: That's it? So.... No, really? It's gone?
Ryan: It's gone. Yeah.
Jimmy: Well, it was not really worth the whole work, was it, I guess?
Ryan: No, it wasn't.
Jimmy: You don't remember any of the dancing at all?
Ryan: No. I mean, I remember, you know, maybe the waltzing. That's pretty easy. I don't remember the tap dancing.
Jimmy: Ok. Alright. Is the waltzing easy?
Ryan: I think I know where this is going.
Jimmy: Would you like to dance?
Ryan: Are you asking me to show you how to waltz?
Jimmy: I guess I am. HAHAHA. Show us how to waltz.
Ryan: I only know the guy part so that puts you into an interesting position.
Jimmy: Hahaha. Well, I don't know either part, so that doesn't make much of a difference. Alright. Are you ready? Ok.
Ryan: We need a little ambiance.
Jimmy: I wanna say one thing. If you feel anything, it's just a cigarette.
Ryan: Let me get a look at you. Can we have a bit of ambiance?
Jimmy: Ok.
Ryan: Ok, that's the music. Great.
Jimmy: So I'm like Emma Stone in this.
Ryan: Alright. Straighten up.
Jimmy: I was straightened up.
Ryan: Just let me take a look at you.
Jimmy: Ok.
Ryan: Well, we need some, eh, can we do it up some more with more romantic music? I mean...
Jimmy: That wasn't romantic...?
Ryan: Let's get sensitive, man!
Jimmy: Ok, alright.
Ryan: Straighten up!
Jimmy: I thought I was straightened up.
Ryan: Your arms up. Sway your back a little.
Jimmy: This doesn't feel like dancing.
Ryan: I'm gonna get in there. It's a three step, ok? I'll do the set next to you. So, you're gonna go 1,2,3. 1,2,3. 1,2,3. Just like that. Let me see you. (Jimmy waltzs.) Yea, alright. That's cool.
Ryan: Now my forefinger and my thumb are gonna start talking to your lower back. So I need your lower back to just pay attention, alright? Now, where are you looking? Where are you looking? 
Jimmy: I don't know where I'm looking.
Ryan: Stop for sec. Stop the music. Who are you looking at? Are you dancing with over there? Or, are you dancing with me?
Jimmy: I'm dancing with you. I should be dancing with you, right?
Ryan: Yes!
Jimmy: Ok, I'm sorry.
Ryan: It's not about this (steps). It's about this. I wanna feel like I'm the only person in the room. All the people are boring right now. The world melts away. It's just you and I. Get in here!
Jimmy: Alright.
Ryan: That's good!
Jimmy: Am I good?
Ryan: Ladies and gentlemen.


Mickey Mouse Club 
ライアンゴズリングは子役から入った人で、ジャスティン・ティンバーレイクなんかと一緒に、ミッキーマウスクラブというディズニーで長年やっているミッキーの番組に出てました。そのほかヒップホップダンスグループにもいたり、歌って踊れる子役スターだったんですね。バックストリートボーイズにももう少しで入りかけたそうですよ。

That paid off in a big way in this particular film.
(子役出身というルーツが)この映画で大きく実を結びましたね。

pay off: (努力などが)報われて、利益を生む。

子役のころから歌やダンスをやってたおかげで興行成績の面でも賞レースの面でも大成功の作品ができた、ということがin a big wayが意味していることです。

Oddly enough, I thought my background in 90s HipHop would help, but it doesn't translate to soft shoe and waltz.
今考えたらおかしいけど、僕自身90年代のヒップホップダンスの経験が役に立つと思ってたんだ。だけど、ヒップホップのノウハウはタップダンスとワルツには使えなかった。 

Oddly enough,: 妙な/不思議な/おかしな話だが
ここでは、90年代のヒップホップダンスをやっていた経歴が社交ダンスをマスターする役にたつだろうと思ったんだけど、なんでそんな変なことを思ったのか、今考えれば笑っちゃうよ、という感じのちょっと自虐的な言い方です。

translate to~: ~に変換できる
自動詞のtranslateには、「翻訳する」という意味のほかに、toをとって、「~に変換できる。~にあてはまる」という意味があります。
ここでは、ヒップホップダンスのノウハウは、soft shoeつまりタップダンスやワルツなどの社交ダンスには全然応用ができないということです。

*** 

そして、「ラ・ラ・ランド」撮影が終わった途端に、脳をemptied outつまり空っぽにして、すべて忘れたというライアンが、唯一踊れるというワルツをジミーに手ほどきすることに。

I only know the guy part. So, that puts you in an interesting position.
僕は男性パートしか知らないから、そうするとあなたの側がおもしろいことになっちゃうね。 

put ~ in a ○○ position
この表現はとてもよく使います。「~を○○な立場に追いやる」という意味です。○○に入るのは、difficultやawkwardなどです。

difficult の方は、「難しい立場」ですから、だいたい上司と部下の間で悩む管理職といったコンテクストで使われます。エリザベス女王も今、トランプ大統領に会うべきかどうかで、「難しい立場」に立たされてますね。
Trump State Visit Plan Put Queen in "Difficult Position"

awkwardの方は、「気まずい、居心地の悪い立場」ですから、もっと主観的に、自分のことをおしゃべりするときにも使います。使用例はこちらコチラをどうぞ。


この場合は、an interesting positionですので、「興味深い」ですが、ジミーが女性役をやることになっちゃうよ、と遠回しで言ってます。
それに対してジミーは、
I don't know either part, so that doesn't make much of a difference.
僕は(女性も男性も)どっちのパートも知らないから、どっちみち同じことだよ。

doesn't make any difference: どのみち同じことだよ。意味ないよ。
違い・変化を生み出さない、わけですから、どのみち同じことで意味がないよ、という意味です。
anyの代わりにmuch of aとしても意味は同じです。

逆に、
大きな変化をもたらす=すごく意味のあること
The ice bucket challenge actually made a huge difference. It has raised around £104 million.
アイスバケツチャレンジは実際、とても意味があった。あれで1億ポンドもの資金が寄付された。

Now, my forefinger and my thumb are gonna start talking to your lower back. So I need your lower back to just pay attention.
今から俺の人差し指と親指があんたの腰に語り掛けるから、腰に神経集中しとけよ。 
なんという言い方(笑)
backは背中。lower backは腰です。

It's not about this. It's about this.
大事なのは、ステップじゃない。アイコンタクトだ。 
It's not about A. It's about B
大事なのはAじゃない。Bだ。

このaboutの使い方って、わかりにくいですよね。
Itが指しているのはワルツです。
「ワルツはステップについてではない」が直訳。
わかりやすくするには、「大事なこと」という日本語をはさんであげます。
「ワルツで大事なことというのは、ステップに関することではない」
・・・ちょっとわかりやすくなったでしょうか。

The article is about the accident.
その記事はその事故についてのものだ。
この文を見ると、articleの内容=accidentという公式が成り立ちます。
基本的にこのaboutと同じ意味です。

すなわち、
ワルツ=ステップ・・ではない!
ワルツ=アイコンタクト、二人だけの世界だ!

***

いかがでしたか?
割とスパルタな感じのコーチングですよね。ジミーが"I thought I was straightened up."つまり、「背筋伸ばしてるつもりなんだけどな」とつぶやく中、何回も何回も"Straighten up."「背筋伸ばせ!」という指示を飛ばすライアンゴズリングがステキだと思いました(笑)

それでは、最後に、ライアンゴズリング少年時代のヒップホップダンス映像をご覧ください。


普通に上手ですね!
それではまた! 

職場やホームパーティなどで、初対面の人と会話するとき、英語のネイティブスピーカーはどんなふうなことを言うのでしょうか。
海外に暮らしていると、嫌でも(笑)初対面の人と話す機会がありますし、周りの人がどんなふうに会話しているのかを聞き耳を立てながら勉強できたりします。
でも日本で英語を勉強していると、なかなかそういう場面でネイティブから直接学ぶというチャンスはないですよね。でも仕事なんかで英語話者と会ったりする機会は、そういう業界であればけっこうあるのではないかと思います。そういうとき何を言ったらいいかわからなくて困ってしまうこともあると思います。
そんな場合の参考に、今日はこのコントをご紹介します。
JustKiddingFilmsのコントで、Movie vs Real lifeというシリーズからの動画です。このシリーズの動画は以前にもご紹介しましたが、映画ではよくある設定や展開だけど、現実だったらそうはいかなくて、こういうふうになるだろうというコントシリーズです。

★この動画の概要★
まずは、映画でよく見る、アジア人が職場にやってきた、というシチュエーションコント。片言で、数学やコンピュータが得意で、好きな食べ物は犬、というかなりステレオタイプ(それ以上?)な設定です。でも、現実にはそんなことはないでしょう、というのが動画の後半。現実には、アジア人の同僚は、アメリカ生まれのネイティブスピーカー。ネイティブスピーカー同士の初対面での普通の会話を聞くことができます。

 
In the Movies...
Jim: Yeah, I'm just waiting for my co-worker to show up. Oh, hey, he's here. So, I'm gonna call you back, ok? Yeah. Bye.
Hey, how's it going? Um, Ni Hao. Wo De Min Zi Xiao Jim. 
Bart: Ni Hao. Ni Hao. Ni Hao. 
Jim: Ni Hao. Ni Hao. Ni Hao.
Bart: You speak very good Chinese.
Jim: Oh, thank you.
Bart: I am Chin Chen Chon.
Jim: Oh, hi. Chin Chen Chon. Where are you from?
Bart: I from Ling Long province, China.
Jim: Wow, yeah China! I love sushi! It's really really good.
Bart: Where you come from to here?
Jim: I'm from Charlstonville Heights.Charl-ston-ville-heights. Yeah, good job!
Bart: I want to go there. See.
Jim: Oh yeah? You'll be the only Asian guy there.
Bart+Jim: HAHAHAHAHAHA...
Jim: So, how did you hear about the job?
Bart: They found me. I'm a conputational mathematical analytical engineeringcal, so to speak, expert.
Jim: Wow.
Bart: Every company need a Asian computer expert.
Jim: Yeah, that's amazing. You probably do math really good. I, I have to use my computer everytime. Yeah, see? You do it on- I don't even...what? That looks like a back massager to me. I don't even know how to use that. Would you like to go grab some lunch? 
Bart: I want eat dog! I have small dick.
Jim: That's my fault. Alright, let's go!
But in real life...
Jim: I'm just waiting for my co-worker to show up. Yeah, he's-oh, hey, hold on, he's here.
Ok, I'll call you back. Bye-bye. Hey, man. How's it going? I'm Jim.
Henry: I'm Henry. Nice to meet you.
Jim: Nice to meet you. So, um, where are you from?
Henry: I was born and raised in Orange County, and then after college I moved to West L.A. so that's where I stay right now.
Jim: Nice.
Henry: What about you?
Jim: I've lived in Burbank my whole life.
Henry: My girlfriend lives in Burbank.
Jim: Really?
Henry: Yeah.
Jim: Small world.
Henry: Crazy.
Jim: So, how did you hear about the job?
Henry: Well, I was really tired of my old one. So, I wanted to try sales for a change. I went online, applied and they liked me. So, here I am.
Jim: Nice. Well, I hope you'll like it here.
Henry: Yeah, me too. I hated my old job.
Jim: Well, it's about lunchtime. You wanna go and have a chat, you know, over lunch?
Henry: Yeah, that would be cool! What do you guys have around here?
Jim: Um, there is an Italian place. We've got some Mexian food. There's a, like, diner food. Sushi.
Henry: Do you, um- you wanna get dog?
Jim: ?? I'm sorry, what?
Henry: Like, the pet? Like, bowwow! You know, like...
Jim: mmmm..
Henry: There's no...you don't have other Asian co-workers out here?
Jim: I don't. No, you're really the first one. 
Henry: We love dog.
Jim: I mean, I could ask. I could- I could ask Chief. For a chat-chow, he might wanna go with us. He might know a place. I don't. 
Henry: Or cat too. Sometimes we intertwine them. It's pretty good.
Jim: What's that called?
Henry: I'm just bagging you. 
Jim: You scared me. Ok, alright, cool. So do you eat Mexican food?
Henry: I'm down with Mexican. I'm down with Mexican. Yeah, yeah.
Henry: Do you wanna drive? Or do you want me to drive?
Jim: I can drive. I know the area. 
Henry: Ok, yeah.
Bart: What's up, everybody? So I always watch all these movies, right? And TV shows. And Asians. They always have all these really specialised roles for Asians. Either a computer guy, a liquer store owner guy, a guy who just came from China. And for girls, they are always some like exotic, geisha, china doll type of girl. Like, they can't just have a normal ass asian. I wouldn't even mind if they played on stereotype, if they balanced it out across the floor. Like there's Asian football players. There's tall Asians. There's short Asians. There's ugly Asians. There's fine ass Asians. There's swagged out Asians. Asians are just regular ass people. I don't know when Hollywood is gonna get it, but I hope they get it soon. One movie, though, that recently came out that I actually really liked. That's "Wolf of Wall Street", and that had an Asian guy and he was just Asian and that's it. He didn't fucking- no computer genius nor having weird accent. Just normal fucking American. I hope movies start coming out like that but we need bigger roles for us, yellow brothers, you know what I mean? ・・・         

こんなにアジアンアメリカンがいっぱい国内にいるのに、映画の中ではいまだにステレオティピカルなアジア人(眼鏡・数学が得意・コンピューターが得意)が描かれることが多いですね。TVドラマでは「グレイズアナトミー」のSandra Oh(サンドラ・オー)など、普通の人っぽいアジア人出演者がいる作品も増えてきたように思いますが。現実には、IT企業なんかではアジア人の姿かたちをしたアメリカ人がたくさんいるわけで、映画の世界はだいぶ遅れていると言われてもしかたないですね。コントの前半のChin Chan Chonのキャラはステレオタイプですけど、あの眼鏡と出っ歯は、ジャッキーチェンの映画の「お前に食わせるタンメンはねえ!」の人のイメージが強すぎた結果でしょうか?アジア人と言えば、いまだにあの感じですよね(笑)


さて、初対面での主なトピックといえば、やはり「出身地」です。

<出身地の言い方>

I was born and raised in ○○.
これは、生まれたところで育った場合、まあ義務教育をその土地で受けたという場合に使える表現ですね。Henryのように、大学からは違う土地に移ったとか、大人になってから引っ越した場合に使います。

生まれてからずっと住んでいるなら、
I've lived in Tokyo my whole life.

生まれはどこどこだけど、小さい時に引っ越したという場合なら、
I was born in Tokyo and my family moved to Hiroshima when I was 5. 

または、
I was born in Tokyo but I grew up in Hiroshima.


高校からは違う土地の全寮制の学校に行ったというような場合なら、
I was born in Nara and spent most of my childhood there. Then I went to the boarding school in Kobe when I was 16.  

などなどです。

small world 
世間はせまいねえ 
日本語も同じような言い方ですね。
ちなみにJimの相槌、"Nice."は当たり障りのない便利な相槌ですので、覚えとくと良いかもです。

How did you hear about the job?
この求人はどこで見つけたの? 
この質問は就職面接でよくされますね。
求人誌だったり、新聞だったり、ウェブサイトだったり、知り合いの紹介・・などなどいろいろありますが、要は応募のきっかけと理由を聞いています。

Well, I was really tired of my old one. So I wanted to try sales for a change.
前の仕事にうんざりしてたから、営業でもやってみようかなと思ってさ。
I applied online and they liked me, so here I am.
ネットで応募して、採用されて、今ここに至るってわけだ。

for a changeは「変化をつけて、気分転換に、目先を変えて」・・そんな感じのイディオムです。
Henryはオンラインでこの求人を見つけたのですね。でも、前の仕事が嫌だった云々は同僚に本音を言ってるのであって、就職面接でこういう言い方をしたらダメなのではないかなあと個人的には思います。


***
出身地の言い方や求人を知ったきっかけなど、答え方は本当にいろいろあると思います。10人いれば10通り。だって人それぞれいろいろ事情は違いますしね。だから、コンテクストのあるものをたくさん見て、読んで、聞いて、いろんな言い方に触れることが大事だと思います。そうすれば、自分にあった答え方を見つけることができるだろうし、そのあとの会話の進め方なんかも一緒に勉強できますもんね。一文だけが載っている問題集やフレーズ集があんまり役に立たないと思うのは、そういう理由からです。コンテクストがない言葉は、覚えても使いこなせるようにはならないと思うのです。

このコント、いかがでしたか?
数あるユーチューバーの中でも、私はなぜかこのJustKiddingFilmsしかおもしろいと感じられなくて、ほかにも、SmoshとかCollegeHumorとかすごく人気のあるチャンネルもあるのですが、私とは相性が悪いようです。でも、それは本当に個人的な趣味ですし、どちらも絶大な人気を誇るチャンネルなので、ためしに見てみてくださいね。

このコントで私がぐっときたのは以下のところです。
Henry: Or cat too? Sometimes we intertwine them. It's pretty good. 
Jim: What's that called?
 
「犬がなかったら猫でもいいけど。両方絡み合わせて食べたりするし。うまいよ」
「それなんて料理?」

・・・たしかに名前は気になります(笑)犬と猫を絡み合わせた料理・・。
実際には犬を食べる土地はあるけど、猫はないんじゃないですかね?どうでしょうか。

***

それでは、また! 

前回からだいぶ間があいてしまいました。
こちらNZはいま、夏休み真っ只中でして、親戚が来たりなんやかんやと忙しいです。こっちの夏休みって日本と違って学年末になるので、子どもの夏休みの宿題がないんですよ。新学期で先生もクラスも変わっちゃうので。だから、もう遊び放題ですよね、子どもは。
ところがですね、日本だったら子供たちは、自分一人で友達の家とか公園に遊びに行きますよね。NZはそれができないんです。
「14歳以下の子どもは常に保護者がついてないといけない」という悪魔の法律があるからです。
だから基本的に、子どもは常に親と行動を共にします。中2まで(笑)
日本の感覚からするとありえないと思うし、私自身この法律にはものすごく憤りを感じます。子供は、自分自身で判断して好きなことを見つけたり、危険な目に遭いそうになりながらも自分の身を守るとか、そういう訓練を積んで精神的に成長するのだと思います。その機会を中2まで奪われてしまったら、判断力も自分自身の理解みたいなものも未熟な人間になってしまうような気がします。
それに、親としては、非常にめんどくさい!子どもが友達と遊ぶのも親同士で連絡してセッティングします。ああ、めんどくさい!なんだったら日本よりも安全なこの国で、子どもにどんな危険があるというのか!誘拐事件なんか10年で2,3件だろ(推定)!いろいろめんどいんじゃ!
・・・子供が家にずっといるストレスで頭髪が抜けそうです(笑)

というわけで、更新が開いたのは、あまり動画を見る時間が取れなかったということと、そもそも、おもしろいと思う動画に出会わなかったのが理由なのです。トランプ大統領の言動が激しすぎて(笑)そっちばかり見てしまうので。事実は小説よりも奇なり、と申しますが、今やニュース番組のほうがハラハラドキドキしますからね(笑)
そんななか、Bad Lip ReadingというYouTubeチャンネルがトランプ就任式の模様をリップリーディング、つまり読唇術でお送りしている動画がおもしろかったので、ご紹介します。
あくまでBAD lip readingなので、あまり読唇術の精度が高くないようです(笑)
字幕付きです。画面右下の字幕ボタンをonにしてご覧ください。
 
(0:13~)
Trump: Wow, you're cheery.
(ご機嫌がよろしくて結構ですな)
Obama: Me? I'm always like this.
(私はいつも上機嫌だが)
Trump: Oh, yeah- sure.
(ああ、そうかいそうかい)
Obama: You're certainly not gonna be.
(あんたはそういうわけにはいかないだろうな)
Trump: When can I see you walk away?
(で、いつ出てってくれんの?)
Obama: You're bad company.
(お前と一緒にいるの苦痛やわ)
Trump: I can't wait.
(待ちきれんな)
Obama: You suckkkkk
(お前まじでないわ~)

笑顔でチクチクし合う二人(笑)

そして(0:46)
波動拳をトランプの顔にお見舞いすると宣言するヒラリー(笑)
波動拳は英語ではハドゥーケンなんですね。

そして自分のギャグにご満悦のジョージ・W・ブッシュ元大統領。
(1:07)
Bush: Do you ever wash that wig?
(そのヅラ、たまには洗ってんの?)
Obama: You got me again, George. Good one.
(相変わらずおもしろいね、ジョージ。ハハハ)
Bush: That is a zinger!
(今のはケッサクだったな!)
 
トランプの就任演説
(2:40)
Together we will build a bar in rural Connecticut.
(ともに、コネチカット州の田舎でバーをやろうではないか)
And we will make it a bar with a nanny.
(おばあちゃんのいるバーにしよう。)
And we will make it a bar called "Brown Lady."
(「茶色の婦人」というバーにしよう。)
And we will make it a bar that has stuff in it.
And extra good leather.
(いろんなものがある、特にいい皮のあるバーにしよう。)
"When you want to make a bad day a greater day" 
(嫌なことがあった日は、)
"Then come to Brown Lady."
(「茶色の婦人」においでよ。)
Now let's party! 
(パーティータイムだ!)

これは、元々の演説はこうでした。
Together we will make America strong again.
We will  make America wealthy again. 
We will make America proud again. 
We will make Amrica safe again.
Yes, together, we will make America great again.
Thank you, and God bless you and God bless America. 

そして就任式のあとのダンスパーティ。
無音で踊るトランプ大統領とメラニア夫人。そしてマイク・ペンス副大統領と奥様。
Pence: The guy's the boss, you know, so....
(あの人は僕の上司なわけだからさ、ね) 
Trump: Just remember who brought you here.
(誰のおかげで副大統領になれたか忘れんなよ)
Pence: Thank you, my prince. Thank you.
(ありがたき幸せにございます。皇子)
Trump: I win!
(負け犬どもが!) 
 
そして最後はまたオバマとトランプのpassive agressiveなやり合いです(笑)
(3:40)
Obama: You know, you might want to clean my car after this. 
(このあと、あんたに俺の車でも洗ってもらおうかな)
Trump: I mean, now I really wouldn't call it yours, right?
(ていうか、もうあんたの車ではないよね) 
'cause you've gotta go back to Jetta. Pretty dorky.
(だってもうJettaに格下げだろ。だっせーな) 


***

トランプ大統領就任式のあと、viralになったモノと言えば、こちらも・・・

 
笑顔のメラニア夫人の表情が、トランプが前を向いた瞬間に一変します。
凍り付くような表情・・・。
このGIFがツイッターで広まり、メラニア夫人が虐待されているのではないかという声があがり、#FreeMelania(メラニアを解放せよ)ハッシュタグができるなど、波紋が広がっています・・・。


それではまた! 

さて前回予告のとおり、Jimmy Fallon(ジミーファロン)のThe Tonight Showの中での、ミシェル・オバマ大統領夫人サプライズ・ドッキリ企画をトランスクリプト化してみました!
一般の方がミシェル夫人の肖像画に向かって感謝の気持ちを述べます。その様子を陰で見つめるミシェル夫人とジミー。終わったところでミシェル夫人のご登場となります・・・が、リアクションはみんな涙☆涙☆涙ーーー!!
それだけの気持ちをミシェル夫人に対して抱いている方が多いということですね。

自分の気持ちを語るって意外に難しいことですよね。ついありきたりなことを言ってしまいがちです。登場する一般人の方々はオンエアに至った人たちだけあって、とても雄弁に自分の言葉で気持ちを伝えています。私もこういう人たちから英語を学んで、いつかあんな雄弁に語れるようになってみたい・・・そう思います。それにはインプットがまだ絶対的に足りません!まあ高い山を登るにも一歩の連続です。一歩一歩進んでまいりましょう。

 
Director: ...so what is your name?
Alisha: Alisha.
Director: Alisha. Ok. Whenever you're ready, go ahead and turn around and tell the First Lady what she means to you.
Alisha: Ok. Good evening, First Lady. Because of you, I know that my race does not define who I am or what I can accomplish. For years, you've shown our nation countless times that through dignity, compassion, and respect, we can overcome any hardship. Thank you for inspiring all Americans including myself to continue to go high even when the challenges of life make us feel low. Thank you so much.
Michelle: Did you prepare that ahead of time? Oh my god, that was so beautiful. Oh my goodness. 
Alisha: Oh my gosh!
Michelle: Do you do this for living? To think about me?
Alisha: Oh my goodness! I'm so surprised! This was not what I was expecting. I was eating pizza bite yesterday in my bed, and now I'm meeting the First Lady!
Lady2: First Lady, Michelle Obama. Thank you for making me a more confident woman. You have helped me and inspired me to walk in my purpose. Everyday, I work to help women and underrepresented students get access to technology education. I love this work and I'm good at this work. I would love to work for you one day.
Michelle: Really? You would?
Lady2: Yes, I would like to-
Michelle: You sound amazing! You sound so awesome! Oh my goodness! Thank you for those kind words!
Henry: I feel the same way about you that I feel about the best teachers I've ever had. Those special teachers that you'll never forget because they realise the powerful influence they can have. And I feel like that's what you've been to me and millions of people not only in America but all around the globe.  
Michelle: Henry! That was so sweet! Oh my goodness. Thank you.
Henry: Thank YOU. Thank you so much!
Michelle: This is such a priviledge to hear these words from you guys.
Lady3: You are all class, and a total inspiration to all of us and a major thing that I remember is doing your mom dance segment with Jimmy, when you totally out-dougied him. It was amazing to see that a woman with your strength and kindness and just amazingness could have fun on camera. We're gonna miss you so much.
Michelle: How about a little more dougie? Oh my goodness.
Lady3: It's really an honour.
Michelle: What I love is that on camera, I am better than Jimmy Fallon!
Guy2: I just wanna say, Thank you. I'm a dad. So we have a lot in common 'cause we're both working parents. I have two kids. And I want to thank you because my daughter looks up to you. And I don't even think she knows exactly all the ways. She has a salad bar at her school and she tried it. So, thank you for helping my daughter eat her vegetables. I've let her to stay up and watch your speeches. The reason why I do it is because the thread that runs through your speeches is kindness, always kindness, speaking deep from the heart. That is the one value I try to teach my kids.
Michelle: Wow. Wow.
Guy2: Oh my gosh.
Michelle: Thank you.
Guy2: Thank YOU. My daughter is not gonna-. She's not gonna believe it.
Michelle: Meet this guy too.
Jimmy: I love she goes to the salad bar.
Guy2: Yeah, she tried kale! Seriously, what kid tries kale?
Lady4: Hi Michelle: How is it going? Long time no see. Just wanted to stop by and say hello. You know, how much I've appreciated you as the First Lady these last eight years. It has really flown by. Turn up for what, right? Right? Got my FitBit on. You got my kids moving. You even got me moving. I'm counting my steps every day, which is really great. But on the serious note, I really want to thank you for the role model you've been as the First Lady. Any little girl knows no matter her beginning, she can ascend to limitless heights. Without further ado. Rah rah rah, tiger tiger tiger, sis sis sis, boon boon boon-
Michelle: Hello!
Lady4: AHHHH!
Michelle: Princeton!

Because of you, I know that my race does not define who I am or what I can accomplish.
あなたのおかげで、私は自分が黒人であることが、私自身の人間性や可能性(自分が何を成し遂げられるか)を決める要素ではない、ということを知っています。 
What defines who you are? 
自分という人間を定義づけるのは何ですか?
黒人だから~するのなんて無理。女が~するのなんて無理。もう年だから無理。知らず知らずのうちに、自分の可能性を限定してしまうことって誰でもあると思います。ミシェル夫人の送り続けてきたメッセージは、まさにAlishaさんが言うように、黒人でも何人でも、人種によって、または性別によって自分や他者を型にはめて可能性を否定するということがないように、すべての人に均等な機会を、というものでした。

For years, you've shown our nation countless times that through dignity, compassion, and respect, we can overcome any hardship. 
長年にわたり、尊厳と、思いやりと、敬意をもってすれば、どんな困難をも乗り越えることができると、あなたは国民に幾度ともなく証明して見せてくれました。 
・・・ステキな文章ですね^^
こんな言葉がすらすら出てくるようになってみたいものです。もちろんネイティブスピーカーとしても、ここまで雄弁にアドリブでできたら相当な知性の持ち主と言えるでしょうね。実際、ミシェル夫人も"Did you prepare that ahead of time?"(前もって準備してたの?)と聞いてますね。"Do you do this for living? To think about me?"(私のことについて考えるのが職業なの?)とも(笑)

オバマ大統領もそうですけど、ミシェル夫人も、尊厳と思いやりと敬意とそれからユーモアは、いつも欠かさない方だったなと思いますね。銃規制の問題にしろ、オバマケアにしろ、共和党の抵抗が激しくて何にもできないというような状態の時でも、人間性が荒れることがなかったですものね。それで乗り越えられなかった困難もあるけれども、ミシェル夫人が選挙期間中にトランプに対して言ったモットーは、本当にオバマ政権の8年を貫くものだったなあと思います。"When they go low, we go high." 
これはAlishaさんの次のセンテンスにもつながってきますね。

Thank you for inspiring all Americans including myself to continue to go high when the challenges of life make us feel low. 
私を含めてすべてのアメリカ人に勇気を与えてくれました。人生での様々な苦難によって心が低く押しつぶされそうな時でも、負けずに高くあり続けるように。
highとlowの解釈はいろいろできると思います。気高さと下劣さ。ポジティブとネガティブ。陽気さと陰気さ。などなどですね。わたしとしては、過酷な状況にあっても、人や運命を呪わず、気高さを保つようにinspireしてくれた、というふうに解釈しました。inspireはいろんな人が挙げている単語ですが、辞書では「鼓舞する」「霊感・ひらめきを与える」などとなっています。こういう単語は、日本語でちょうど相当する訳語がないので、たくさん英文に触れることで語感を体得するのがいいですね。

walk in my purpose
神が与えたもうた使命を果たす 
キリスト教の考え方から来ている表現です。purposeはこの世に生まれてきた意味、目的で、それは神から与えられたものであるということですが、神の与えた使命を果たして生きていくことをwalk in one's purposeと言います。

I feel the same way about you that I feel about the best teachers I've ever had.
僕の人生で出会った最高の先生に対する感情と同じものをあなたに対して感じます。 
これはわたしも同感です。

dougie=swag=かっこよさ 
"mom dance segment"はミシェル夫人のエクササイズ推進キャンペーン"Let's Move!"のPRで、The Tonight Showでやった「お母さんのダンスコーナー」です。
"out-dougie'd Jimmy"というのは、dougie(カッコよさ)において、ミシェル夫人がジミーより勝っていたという意味ですね。mom danceの動画はこちらです。

That is the one value I try to teach my kids.
それこそが私が子供に一番教えたい徳なのです。 
長文問題だったら、このthe one valueが指すものを文中から述べよ、と来そうなところですが(笑)、答えはもちろん、kindnessですね。
ここでは、valueは「価値観」「徳」という意味です。
通常はこういう意味ではvaluesと複数形で用いられます。
例)moral values:倫理観 traditional values:伝統的価値観

英英辞典では:
Principles and standards of behaviour; one's judgement of what's important in life
行動の基準・原理となるもの。人生で重要なものと判断されるもの 

ミシェル夫人の野菜を食べようキャンペーンのおかげで、お嬢さんが学校のサラダバーに行って野菜を食べた(ケールも食べた!)というお父さん。ミシェル夫人のスピーチを、夜更かしさせても娘に聞かせているということでした。それは、どのスピーチも「やさしさ」という徳が一本、芯を貫いているから。その「やさしさ」「人に親切であること」というのが子供たちに一番教えたい徳だから、ということです。

Any little girl knows no matter her beginning, she can ascend to limitless heights.
少女たちはみんな、自分の生まれた環境がどうであっても、限界のない高みに昇っていけることを知っています。 
最後の方は、プリンストン大学時代のミシェル夫人の同窓生のようですね。You got my kids moving.というのは、ミシェル夫人のキャンペーン"Let's Move!"のおかげで自分も子供も運動をするようになったということです。最後のTiger,tiger,tigerはプリンストン大学の伝統の掛け声(?)みたいです。

***

トランプ次期大統領のinauguration(就任式)が迫ってきましたね。
どんな様相になるのかまったく予想がつきませんが・・・。
オバマ大統領夫妻の残したものを、すべて塗り替えてしまうと豪語してやまないトランプ次期大統領。"values"だけは踏襲していただきたいものです。

それではまた! 

ミシェル&バラク・オバマ大統領夫妻の最後の演説、
みなさんご覧になりましたか?

なんというか手放しで感謝感激!というよりも、
嵐を前にして、息絶える船長さんからの遺言とでも言うような・・・
不穏な雰囲気の漂うスピーチだったなあ・・というのが私の感想です。
毎日、なにかしら次期大統領の・・大魔王ぶりが垣間見える現在、
去りゆくオバマ大統領夫妻にただただ感謝というだけではなく、
むしろすがりついて、Four More Years!と懇願しながら、
子どものように泣きじゃくりたい気持ちなのに、
みんな大人なので、ただ堪えて感謝の気持ちをもって送り出している、という雰囲気がひしひしと伝わってきました。

今日の動画は、そのスピーチ動画ではなく、もうちょっと軽いモノです。
スピーチをした後日、Jimmy FallonのThe Tonight Showにミシェル夫人が出演したときのものです。


Jimmy: Welcome back to the show. I really appreciate- I just want to personally say thank you for being our only first family that we've had. Since we've started late night, we've been doing bits and sketches together.
Michelle: We have. We've done some really...
Jimmy+Michelle: Crazy stuff, right?
Jimmy: I mean we had a potato sack race in the White House. 
Michelle: That was the first thing. That was your introduction. That's how he showed up at the White House. First time, a head band and...a spandex. 
Jimmy: Hahahahaha! Yeah, a spandex and a headband.
Michelle: I can be the First Lady if this is what it entails. Sack races in the East Room.
Jimmy: I'm just so thankful. Thank you for your friendship and your leadership and please come back on the show as a citizen as well.
Michelle: Absolutely. Let me just say- you know, we didn't talk about this but I want to thank you. You have been such an amazing partner on all my initiatives. You were funny, kind, cute and you've had the best band in the land. I love you guys. I love you guys.
Jimmy: Is it getting emotional for you?
Michelle: It is. It is. I feel like crying right now. And I didn't think that it was gonna be that emotional, because it's like, "Yeah, we're ready! We're good! We're good! We're ready to go. It's been 8 years. 8 years is enough. We're packing up." But no, it has been surprisingly emotional for all of us in ways we didn't expect.
Jimmy: Last Friday, when you spoke at your event, you got choked up. I never see you- we never see you get that emotional. What was it that tripped you up and made you so...?
Michelle: Talking about the kids. Talking about the future. I mean, kids are my heart. You know, when I think about the fact that some of them are afraid about what's to come, you know, really what I said was I don't want them to be afraid. I want them to embrace the future and know that the world is getting better. We have bumps in the road. We have ups and downs but I want our kids to move forward, I don't care where they come from, with strength and with hope.
Jimmy: I love you for saying that. Speaking of emotional, the speech last night from your husband-.
Michelle: Oh god. That was another thing.
Jimmy: I lost it. I lost it at home. I was crying on my wife's shoulder, and I go, "He's just the best man in the whole wide world. No way you could be a cooler human being than that guy." And everytime Malia lost it, I lost it.
Michelle: Yeah, she looked over at me and she's like, "I can't believe it. I'm gonna cry through the whole speech!" and I was like, "Ok, it's ok. It's alright."
Jimmy: She's so pretty and so nice. You have the nicest kids. And Sasha wasn't there because-.
Michelle: She had the final. It's like, "You know the Obamas, girl. Sorry. You take your test. You can say good-bye later." 
Jimmy: I thought that was the best example of how to be a good student but also a good parent. Did you leave any-, are you leaving something behind at the White House? Like a secret note somewhere? That's what I would do.
Michelle: Yeah, of course, that's what you would do. I try not to base my life on what Jimmy would do. No, we really clean that out and you know...
Jimmy: A lot of memories, yeah?
Michelle: Yeah.
Jimmy: Was there one room in particular you go like, "I've always had a great time in that room"?
Michelle: Eh....you guys....
Jimmy: Wait, wait, hang on! Hey! Hey! This is a family show. Hey, settle down.
Michelle: Settle down.
Jimmy: Everybody, settle down.
Michelle: You guys, grow up!
Jimmy: Seriously.
Michelle: All of you!
Jimmy: I meant-, I meant, I meant to say....'cause we've been there. We shot sketches...Let's just move past it. They are all great rooms.
Michelle: Well, ok, let's move on.

I can be the First Lady if this is what it entails.
ファーストレディーの仕事がこういう感じなんだったら、私やっていけるわ! 

ミシェル夫人が始めたいろんなキャンペーンはたくさんありまして、主に肥満解消、子供たちの教育、女性への支援といった分野で様々な取り組み(initiatives)をしてきたわけですが、その取り組みの広報にジミーが協力して番組内でとりあげることが多かったんですね。
Let's move!というエクササイズを推奨するキャンペーンでは、ジミーがホワイトハウスに全身タイツ(spandex)でやってきて、ミシェルに勝負を挑むという企画がありました。その全身タイツ姿がジミーのintroductionだった、ということですからかなり強烈に印象に残ったようですね(笑)この企画は、こちらの動画を見てくださいね。


emotional=感情的?

emotionalという単語が何度も出てきます。
これは、「感情的」という訳にするとちょっと誤解してしまうかもしれません。
日本語で「感情的」と言うと、「感情的なものの言い方」とか「感情的に怒る」とか、あんまりいい意味ではないですよね。
emotionalはたしかにそういう意味でも使われます。でも、それだけではないです。
辞書を見ると・・・「強い感情を呼び起こす」
・・・なんかわかりにくい。

ものすごくシンプルに言うと、この単語、emotionalは感動したり感激して「泣く」という場面で非常によく使われます。
たとえば、親友の結婚式のスピーチの途中で泣いちゃった、というとき、
I cried during my speech at my friend's wedding.
と言うよりは、
I got really emotional during my speech at my friend's wedding.
と言う方が伝わります。

ミシェル夫人の言っているemotionalも、そういう意味で、ホワイトハウスからついにお引越しという段になって、思いがけなく泣いてしまうようなシーンがいっぱいあった、ということです。 

You know, when I think about the fact that some of them are afraid about what's to come, you know, really what I said was I don't want them to be afraid. I want them to embrace the future and know that the world is getting better. We have bumps in the road. We have ups and downs but I want our kids to move forward, I don't care where they come from, with strength and with hope. 
これからどうなるのか不安に思ってる子供たちもいるんじゃないかと思ってね、それであのスピーチで伝えたかったことは、どうか心配しないでって、未来を信じて、世界がいい方向に向かっているっていうことを信じていて欲しいっていうことだったの。道のりは険しいときもあるし、いい時も悪い時もある、だけど子どもたちには前を向いて歩んでほしい。どこで生まれたかなんて関係なしに(どの人種でもどのコミュニティーに属そうとも)子どもたちが強く、希望をもって前進できるような世界にしなくちゃいけないと思います。 

ミシェルとジミーがここで話題にしているスピーチの動画はこちらです。
トランプ政権下で、移民の子供たち、イスラム教徒の子供たちは特に、不安を募らせている子もいることでしょう。とくに親が不法移民の子供たちは現実に今まで生まれてからずっと暮らしてきた国から強制退去させられて、言葉もわからないかもしれない親の祖国へ行かなければならない、という現実的な不安があるでしょう。イスラム教徒の子供は、登録させられたり一旦国を出たら終わりで帰って来れないかもという恐怖が現実に広がっています。トランプ次期大統領が選出されてから、学校でのレイシズム事件が急増しているという話もあります。ミシェル夫人のスピーチでは、そういう状況にあっても、すべての子供たちが希望をもてるように、と訴えながら、感情がこみあげて声を詰まらせる場面が何度もありました。
オバマ大統領のスピーチもそうでしたが、このなんとも不穏な雰囲気というか、この先トランプ大統領となったときに、何がどうなるのかは誰もわからないけど、あんまりいいことにはならないし、もしかしたら誰の予想よりも恐ろしいことになるのかもしれないという、そこはかとない不安が全体を覆っている感じがして、NZという南の孤島に暮らす私でもなんとも暗い気分にさせられてしまいます・・・。

I lost it.
もう涙が止まらなくなった。 
これは、itが指すのは何?っていう話なんですが、
itは、the control of the emotionsです。
感情がもう抑えられなくなった、ということで、

英英辞典では、
lose it: to stop being able to control your emotions and suddenly start to shout, cry, or laugh
です。

つまり、涙がとまらない、というほかにも、怒りを抑えてたのが爆発してわめきだした、とか、笑いをこらえてたのが我慢しきれなくて笑いが止まらなくなった、というシチュエーションでも使えるんですね。
 
Sasha wasn't there.
オバマ大統領のフェアウェルスピーチでは、夫妻の娘さん、長女のMaliaさんは出席していたのですが、次女のSashaさんの姿が見えませんでした。それで、ツイッターでは"#WhereIsSasha"ハッシュタグが立ったりしてましたが、Finals(期末試験かな?)の試験期間中で翌朝にも試験が控えていたので、演説が行われたシカゴには行かずに、ワシントンDCに留まったということだったのですね。

Was there any room in particular you go like, "I've always had a great time in that room"?
あの部屋では楽しい想いしかしてないわっていう部屋はある? 

子どもも見る番組(Family show)なのに!とJimmyが狼狽してますが(笑)つまり、みんなの頭に浮かんだのはご夫婦の寝室だったと。暗い雰囲気になりがちな最近のインタビューでは、一番楽しい場面でしたね(笑)
ミシェル夫人の鋭い突っ込みがいいですね^^ Grow up!
 
***
さて、ミシェル夫人は本当にthe world's most popular personという称号がふさわしい、みんなが尊敬している人だと思いますが、この日のThe Tonight Showでは、一般の人にミシェル夫人の肖像画に向かって感謝の気持ちを伝えてもらい、終わったところでミシェル本人が現れるというドッキリ企画がありました。


この動画もトランスクリプトをつけて次回紹介したいと思います!

それではまた! 
 

今回のアメリカ合衆国大統領選挙、ヒラリーとトランプの罵りあいを、ろくなもんじゃないと思ってご覧になっていたあなた!

実はアレ、アメリカの伝統のようなものだったんです。

・・・と言ったら言い過ぎですが、合衆国建国の父と呼ばれる政治家たちが、1800年の大統領選挙で見せた激しくも醜い応酬は今回のそれをはるかに上回っていた、と言ったら驚かれるでしょうか。 

今日は、Comedy Centralの"Drunk History"からの動画をご紹介します。

「学校では教えてくれない歴史」を扱うこの番組、いろんな役者さんが歴史の様々なエピソードを語ってくれます。ただし、"Drunk"というタイトル通り、語り部の役者さんは完全に泥酔状態(笑)そんな怪しいろれつで語られる歴史のお話に口パクの再現映像をつけて見せてくれる番組なんです。

★動画の概要★

1776年のアメリカ独立宣言を起草したトマス・ジェファーソンと、ジョン・アダムスは党派は違えども、政治を熱く語り合う盟友同士。1796年の選挙で、ともにアダムスが大統領、ジェファソンが副大統領に選出されます。アダムス政権下で、二人の友情にしだいに亀裂が。強権政治を行うアダムスに批判的なジェファソン。ついに4年後、1800年の大統領選挙に再び出馬した二人の激しい罵り合いが始まります・・・。
語り部: Patrick Walsh  
聞き手: Derek Waters

★この動画の単語★
founding father(s) of America: アメリカ合衆国建国の父
butt heads: 角を突き合わせる。争う。
tyranny: 暴政
pitted against each other: 対抗させられる 
Willy Nilly: 手当たり次第に
eighth graders: 米の中学3年生(13歳)(日本の中一) 
bang(他動):~と性行為をする
hermaphrodite: 両性具有 


Patrick Walsh:
Today, we're gonna talk to you about the election of 1800. 
Thomas Jefferson and John Adams. They were founding fathers of America. They were also the best of friends. 
Adams was like, "The constitution- you can kind of bend that how you need to bend it. We can kind of work with this." And Jefferson was always like, "The constitution is the constitution. Can't f**k with that." But they loved each other, until Adams became the President. And immediately they started butting heads. John Adams was like, "It's illegal to talk any shit about the President of the United States, and if you disagree with the federal government, f**k you." And Jefferson was like, "Well, this is tyranny. That's a violation of a little something called freedom of speech."
It all reaches its head on the election of 1800, where these two lifelong friends were pitted against each other.
Adams is like, "If you elect Thomas Jefferson, here's what you're gonna get. Murder. All the time. Everybody's gonna be murdering each other. Incest. Your wives will lose their virtue having sex with a lot of dudes. Willy-Nilly."
So Jefferson starts talking a lot of shit about John Adams. We're talking about the guys, who, like, created this country. They were really like a bunch of eighth graders. He was like, "You know what? Adams has prostitute shipped in from overseas that he bangs all the time. I'm just gonna- I'm just gonna tell you that right now." I feel like I keep seeing the spit flying from my mouth.
Derek Waters: I know, I'm feeling it. 
Walsh: Am I spitting a lot?
Waters: Yeah, I'm glad you're seeing it. Yeah.
Walsh: That's good.
Waters: I'm in the splash zone.
Walsh: So Jefferson went to the newspapers. He says, "I want to tell you this, John Adams is a hermaphrodite. He's got both man and woman sex organs." This is like a published statement from Thomas Jefferson. 
Adams was like, "Ok, fine. You wanna go that route?" That's when shit got really dirty. Adams says, "Oh, by the way, if you're thinking about voting for Jefferson, you shouldn't because he's dead."
"That's a pretty good campaign."
"It's a very good campaign."
"Vote for me- I'm alive."
"Yeah, even if you disagree with everything I say, at the very least, I'm alive."
Waters: Would you rather be accused of having a penis and a vagina or being dead?
Walsh: I think being alive with a penis and a vagina would be an amazing experience. And you're alive!

 
Adams: The constitution- you can kind of bend that how you need to bend it. 
(憲法ってのはさ、ちょっと曲げて解釈してもいいわけよ。必要に応じてさ)
Jefferson: The constitution is the constitution. You can't fuck with that. 
(いや、憲法は憲法だろ。下手にいじっていいシロモノじゃねーよ) 
*語り部のトーンに合わせた訳語になっております。 

アダムスとジェファソンの政治的なポジションは正反対なんですね。
それでも二人は親友なのでした。独立宣言もジェファソンが起草し、アダムスらが目を通して議会に提出、成立という経緯をたどっています。まさに、「建国の父」なんですね。

俗語fuckはこの場合、自動詞です。ちょうど、messと同じような意味になります。「いじくりまわす」とか「下手に手を出す」とかという感じです。
You can't fuck with that.もしくはYou can't mess with it.は決まり文句で「下手に手を出していいもんじゃないぞ」という意味になります。

そして、1796年の選挙でともに大統領・副大統領となったアダムスとジェファソン・・・
アダムスの強権政治が始まると、ジェファソンとの対立が明らかになります。アダムスの政治思想をわかりやすく言うと・・・
Adams: It's illegal to talk any shit about the president of the United States. And if you disagree with the federal government, fuck you.
大統領の悪口は法律で禁止。連邦政府のやり方に反対する者は、俺は徹底的に弾圧してやるからな、覚悟しとけよ。 
なんか俗語の解説ばっかりですが(笑)最後のfuck youは態度表明ですね。お前がどんな末路をたどろうとも私は知らん、むしろ積極的にお前を不幸に落としいれてやる、という意味です(笑)

そんなアダムスの政治を見て、ジェファソンは、「これじゃTyranny(暴政)だ。Freedom of speech(言論の自由)の侵害である」と言い出すわけです。

It all reaches its head on the election of 1800, where these life-long friends were pitted against each other.
二人の対立がピークを迎えるのが1800年の選挙だ。この二人の旧友たちは対抗することになった。 
pit(他動詞):set someone or something in conflict or competition with
pitはおそらくローマ帝国の決闘から来ているのではないかと思われます。運動場のピットとかもですが、コロシアムの決闘場がpitなので、ちょうどそこに二人が付きだされて対抗させられる、というイメージの単語ですね。
それぞれの政党から、再び大統領候補として担ぎ出されたアダムスとジェファソン。 対立は・・・中1のケンカのような様相を帯びてきます(笑)

★あだむすくんのいけん その1★
If you elect Thomas Jefferson, here's what you're gonna get.
じぇふぁそんを選んだらどうなるか教えてやるよ。
さつじん!みんなが殺し合うよ!
うわき!奥さんがほかの男とやっちゃうよ!手あたりしだいだよ!
なんかこの感じ、トラムプさんを思い出させる・・・

それに対してジェファソンも・・・
★じぇふぁそんくんのいけん その1★
あだむすくんは外国からばいしゅんふを連れてきていっつもやってるんだぜ
★その2★
あだむすくんはな、りょうせいぐゆう!どっちもついてるんだぜ!
あの独立宣言の名文を書いた方が公式見解(published statement)として、政敵を両性具有であると言うことで、これで勝てる!と思っちゃう思考回路を持っていたことがショッキングなんですが(笑)

★あだむすくんのいけん その2★
じぇふぁそんには投票しないほうがいいよ!だって・・・あいつもう死んでっから! 
アダムスの選挙キャンペーンのスローガン:
Vote for me! I'm alive!
私に投票を!私は生きてます!

Even if you disagree with everything I say, at the very least, I'm alive.
私の意見にすべて反対だったとしても、少なくとも私は生きてるわけだからね。
・・だからジェファソンよりましだよね。ということです。だって生きてますから(笑)


最後に聞き手のWatersが言った究極の選択がおもしろかったです。
Would you rather be accused of having a penis and a vagina or being dead?
両性具有だってことか、死んでるってこと、非難されるならどっちがいい?  

 それに対するWalshの答えは・・・

I think being alive with a penis and a vagina would be an amazing experience!
どっちでもいいけど、両性具有でしかも生きてるっていう状態を体験できたら最高やな!

***

そんな中2のケンカを全米国民の前で繰り広げてしまったアダムスとジェファソンですが、のちに友情は文通によって修復されました。

アメリカ独立をともに率いたアダムスとジェファソン。
1826年の7月4日、そう独立記念日に、死の床にあった90歳のアダムスは"Thomas Jefferson survives!"つまり「トマス・ジェファソンは永らえる」、と言い残して旅立ちました。しかし、アダムスは間違っていたのです。トマスジェファソンは、同じ独立記念日の日、アダムスが旅立つ数時間前に、同じように82年の生涯を閉じていたのでした。
・・・なんとも因縁深い二人だったのですね。

それではまた!

 

みなさま、
お正月はどのように過ごされましたか?
ご家族とのんびり、おひとりでのんびり、何はなくともゆったりできるのがお正月のいいところですね。(初売りでお忙しい方、お疲れ様です!)

こちらNZでは、いたって平常心。
夏の一日が過ぎ去ったのみ。
年越しそば?おせち?もしくはそれに代わるもの?・・・なんにもな~い!
風情も何もあったもんじゃございませんが、それがNZ。

ブログの更新が滞っておりましたね。
これには理由があります。

実は、年末から日本の動画を見ることにはまっておりまして(笑)
具体的に言うとChage&Askaの動画を見るのにハマっておりまして(笑)
YouTubeでは普段、頻繁に見ている英語のコメディ番組やトークショーのおすすめ動画があげられてくるので、そこからいろいろと見て、私が気に入ったものを皆さんにご紹介しているのですが、今現在、私のYouTubeはチャゲアスが占拠してまして(笑)
いきなりチャゲアスファンブログにするわけにもいかず、どうしようかなあと思っている間に年が明けてしまいました(笑)

そして、これがとても象徴的なことだなあと思ったのでした。

英語脳、とか英語耳って言いますが、
それはYouTubeのホーム画面と同じようなことで、英語の世界に触れれば触れるほど、アンテナがそっちに伸びて行って、やがてはすべてが英語の世界に塗り替えられる。

私のように、日本語世界と英語世界を行ったり来たりしている人間は、興味関心の赴くままに、頭の中が英語世界に塗り替えられたリ、日本語一色になったりしてるわけです。ちょうどドナルドトランプが当選したころは、自分のなかで混乱した考えを整理したい衝動で、英語でいろんなモノを見たり読んだりしていたので、あのころは私の頭の中は英語世界で埋められてました。Youtubeのホーム画面も英語。でも今はチャゲアス(笑)
そういう意味で、Youtubeのホーム画面は私の脳内の切り替えをちょうど可視化したようで、おもしろいなあと思ったのでした。

たぶんバイリンガルの人もこんな感じなのかなあと思います。

私は、このブログを見に来てくださっている皆さんと同じで、英語学習者として、過去の受験勉強時代には英文法の本を最初っからみっちりノートに書き写すとか、超地道なことをやって英語を勉強した人間です。だから、子どもの時から2つ以上の言語に触れてきたバイリンガルの人たちとは、やっぱり頭の働き方が違うんだなあと感じます。少なくとも、今まではそう思ってきました。でも、最近、それはその言葉が「外国語」であるかどうかという意識の違いだけのような気がしてきました。

たとえば私のママ友の子供さんで、家では日本語、外では英語で育ってきた子たちがいます。その子たちにとっては、英語は母国語、そして日本語は・・お父さん、お母さんの言葉という感じなんですね。私を含め日本人を見ると、とってもうれしそうに話しかけてきてくれるんです。もちろん日本語で。だから、その子たちにとっては、どちらも「自分の言葉」なのであって、「外国語」ではないわけです。
その意識の違いを一番感じるのが、新しい表現を取り入れるときの心理的抵抗です。いや、これはたぶんあくまで私の個人的なハードルなんですが、ある種の表現を使うことに心理的抵抗を感じるんですよね。

たとえば、"Tell me about it.(そんなの俺が一番よくわかってるよ)"とかの、キメ台詞的な慣用句。
あと、自分の子供とかほかの子供に対して、"Sweetie"とか"Darling"とかで呼びかけること(笑)

これに対してものすごい心理的抵抗を感じるんです。
つまりこっぱずかしくて、こういう表現を言おうとすると鳥肌がたってしまうんです(笑)
なぜなんでしょうね?
わかりませんが、自分とバイリンガルの人を隔てる壁は、ここなんです。
たぶん、この壁を越えてしまうと、あまりに日本人っぽくない。外国人っぽくない。「国際語としての英語」「外国語としての英語」の範疇を逸脱している。そんな風に感じてしまうから、なんだと思います。子どもの時からのバイリンガルの人たちには、こういう心理的抵抗はないんじゃないかなあと、あくまで想像なんですが、思っています。彼らは英語でも日本語でも「自分の言語」なので、どんな言葉もどんどん取り入れてしまう、という気がいたします。

ただ、その壁はそれはそれでいいんじゃないか、越える必要はないんじゃないか、と思っています。「外国語としての英語」を話す自分はそれはそれで楽なポジションですからね。

さて、この心理的抵抗が、私とバイリンガルを隔てている壁だ、と書きました。
じゃあ、頭の働きはどうなのか、と言うと、たいして変わらないんじゃないか。子どものころからのバイリンガルだろうと大人になってから学習した英語話者だろうと、脳の働きは、少なくともその言葉を学ぶ過程はあんまりかわらないんじゃないかと思います。もちろん脳を割って見たわけじゃないので(笑)、脳科学の観点からの意見ではないのですが、その言葉を上達させるプロセスは、実は同じなんだと言いたいのです。

というのはですね・・

ある言語でコミュニケートするには、その言語で培った世界観が不可欠

前述のママ友の子供たち。バイリンガルのティーンなんですけど、彼女たちと日本語で5分以上会話するということは難しいです。話すことがなくなっちゃう。語彙もまあまあある立派なバイリンガルの子たちなのに、です。それはもしかしたら性格的なことかもしれないけど、それよりも、彼女たちの日本語世界が未発達なことが原因のように思えます。
日本語世界とは、彼女たちが日本語の本を読んだり日本で生活することで作り上げる日本語の世界。まるでYoutubeのホーム画面が日本語世界に塗り替えられるように、日本語を通してアンテナが伸びて広がっていく行く世界。英語の国で暮らしてきた彼女たちのホーム画面は、日本語の動画よりも英語の動画の方が膨大な数あって、どうしてもそちらの世界の方が豊かな内容を持っている。対して日本語世界の方は内容が限られている。だから日本語で会話するときには、あまり込み入った話にはならない、会話が続きづらい、ということになります。
実際、英語圏で育ったバイリンガルの人が、日本に来たときに、なかなか日本語で会話がしづらい、と感じるのは普通のことのようです。それが、日本で暮らして、日本語で感じたり、日本語で考えたり、日本語で気づいたりすることが増えることで、日本語世界が豊かになり、コミュニケーションができるようになる。つまり、言語を話せるようになる、その言語でコミュニケーションを取れるようになるということは、その言葉で世界観を作る、というプロセスが絶対不可欠。それは子どものころからのバイリンガルだろうと、避けては通れない道、なのだと思うのです。

このことを考えると、日本人がなぜ英語でコミュニケーションができない、もしくは苦手なのかという疑問にたいする答えは、もはや自明のことのように思えます。
自分の中で英語で構築される世界の内容がゼロ、もしくは非常に乏しいなかで、つまりYoutubeのホーム画面にほとんど英語の内容がないなかで、英語を話そうとしているから難しいんです。
だって、私が今、こうして海外に暮らしていて、NZに住む人と英語でコミュニケーションするときに、一番難しいと感じるのは、日本の事象を英語で説明することです。それが一番難易度が高いことだと思うんです。自分が日本で日本語で培ってきた知識や感情判断や思考回路を、そのまま英語にして理解してもらうということは・・、無理ゲーです。それは、必要な語彙を知っていても、です。ただ語彙を英語に直すというだけでは伝わらないのです。

世界観は翻訳できない

村上春樹さんの小説は、日本語だけど英語世界のモノの書き方、見かたです。村上さん自身、英語で小説を書いてそれを日本語にするという作業にしてから、今のような作品が書けるようになった、とインタビューで語っておられました。だからこそ、英語に翻訳されても広く世界で読まれるんだと思います。もともと英語世界のものだから。

また、私が年末からビンジウォッチング中のチャゲアスの動画で、彼らがモナコ音楽祭に招待されたときの動画があったのですが、そのなかで、ASKAさんが「米国などへの海外進出は考えているのか」という記者の問に対して、要約すると、伝わるときに言葉と言うものは大事なので、自分たちが英語で伝えられるかということを考えると無理なので、そういう意味での海外進出は考えていない、と答えてました。ただ英語ができる人にメロディーに合うように翻訳してもらうだけでは、ASKAさんの伝えたいものは伝わらないということですよね。世界に通用する実力って言葉で言うほど単純な話ではない、ということです。

表現に携わる人たちは肌で感じているのだと思います。世界観の翻訳不可能性を。

日本語を使って培った知識や思考法や、さらにいえば感情を使いながら、言葉だけは英語というコミュニケーションは成り立ちません。その無理ゲーに挑戦してしまっているから、日本で英語を学んでいる人は、英語がいつまでたってもできるようにならない、と感じてしまうのではないかと思うのです。前述の例でいえば、日本の事象ひとつを説明するにしても、英語話者が英語で思考する思考回路に沿って説明しないと理解してもらえないのです。でも英語話者の思考回路は、やはり英語を使って培った英語の世界観がバックグラウンドになければ、わからないものです。

試験勉強をしても英語が話せるようにならない理由

TOEICで満点を取れても、英語が話せない。

よくある話ですが、これも、同じように説明できます。試験で正解できても、英語で世界観を構築していなければコミュニケーションは成り立たない。TOEICや英検はあくまで、英語力を測る試験です。それらは世界観を豊かにしてくれる内容を含んでいない。英語を読んで感動したり、英語で書かれた文章に心を打たれたり、英語で興味を持って、もっと調べようと思わせてくれたり、そういう体験を一切与えてはくれません。英検やTOEICの長文問題で、自分の興味のある話題にあたったことのある方はいますか?かなり少ないんじゃないでしょうか?興味のない長文を読んで、英語を勉強しても、それはあなたの英語の世界を広げてはくれないのです。もっと万人が興味を持てるようなおもしろい文を試験に出してくれればいいのに、な・ぜ・か・そうはなっていません。それは英語力を測るための試験だからでしょう。いろんな人が読んで、さまざまに解釈したり感じたりするような文章は試験問題にはできませんからね。だから、試験勉強を頑張ってやっているのに、英語力が上がった気がしないという方がいたら、もっと心に響く題材にシフトする時期なのかもしれません。

それから、
英語ができるようになったら、映画を字幕なしで見たい!
そう思う人はけっこういると思います。

私はそれは実は逆なんだと言いたいです。

映画や小説を英語で体験して感動することが、あなたの英語コミュニケーション能力をあげてくれるんです。英語をそのまま受け入れて感動するには、やはり基本の文法や語彙などは必要ですが、でもそれは文法書を最初のページからやってから出直してこい!ということではなく、そのつど、英語に触れるなかで調べて覚えていけばいいだけのことです。とにかく、英語を学ぶなら、きちんと心に響く(笑わせてくれたり、泣かせてくれたり、考えさせてくれたりする)モノを使って、勉強するのがベストです。やることは単語を調べ、イディオムを調べ、文法書を確認して・・・と同じでも、得られる結果はまったく違うからです。

どうしたら英語の世界観を育んでいくことができるか

そういう意味では、現代は非常に恵まれた時代です。
昔だったら、感動できるような英語を読もうと思ったら、超難易度の高いシェイクスピアとかジェーン・オースティンとかの古典に手を出さないといけなかったわけです。

今は違います。

私のブログを読んでくれている人は、自分のYouTubeホーム画面で英語の動画が出てくるようになったと思います(ログインしていれば)。そこでおすすめされる動画を見れば、自分が何か感じられるものに出会えるかもしれません。ツイッターでも、海外のセレブやバイラルメディアのBuzzfeedなんかをフォローすれば、その時のviral(流行っている)な動画やフェイスブック投稿やらいろんなものが流れてくるはずです。それらのマテリアルは、ネイティブスピーカーの心を動かしたからこそviralになっているモノです。いわば保証付きの物件です。それらを教材にして英語を勉強すれば、文法知識や語彙を増やしながらも英語で心を豊かにすること、つまり英語の世界観を育てることができます。それが、英語でコミュニケーションをとるためにはものすごく大事だと思うのです。

ただ試験でいい点を取りたいという人は別ですが、本当に英語でコミュニケーションをとりたいと思うなら、試験勉強の問題集、単語帳、文法書だけを材料にするのではなく、ちゃんとコンテクストのあるモノを材料に学ぶことを強くおすすめします。それは英語初心者でも、です。

それをやってこその英語力。
あなたのYoutubeのホーム画面、英語で埋めてみませんか?

***

というわけで、2016年の暮れに、チャゲアス色に染まった私のYoutubeを眺めていて頭に浮かんだ小さな気づきをお送りしました。


それでは、みなさま、
今年もよろしくお願いします!

おもしろ動画もまもなくアップします!あ、でもチャゲアスが・・どいてくれない(笑) 
 

クリスマスまであと2日。

NZでは真夏の太陽が先週あたり一瞬輝いたかと思えば、雷雨やらヒョウやら・・
いまだに海の水は冷たく、道行く人はフリースを着ているという、
なんか今年ホワイトクリスマスになるんじゃないかと期待してしまうくらい
寒いんですけど、
 
それでもクリスマスはカレンダー通りやってくるわけであります。

そこで、クリスマスらしいエントリーでもと思いまして、
うちの子供が小学校の学年末の全校集会で歌ったジングルベルの替え歌を
みなさまとシェアしてseason's greetingsとしたいと思います。 

タイトルは・・

Santa, you're too fat!! 

では、どうぞ。


 
こういう替え歌って子供だいすきですよね^^
しかし全校集会で歌っちゃうところが、とてもNZらしいです。 
みんな嬉々として歌ってました^^

それではみなさま

すてきなクリスマスをお過ごしください!!



 

Youtube上で、時々巻き起こる○○チャレンジ・ブーム。
たぶん・・氷水をかぶるアイスバケツチャレンジが最初だったのではないですかね?調べるのはめんどいので、断言はしませんが(笑)
とにかくあれ以来、○○チャレンジが流行る頻度やその種類が爆発的に増えたのは間違いないと思います。

日本にまで到達したのはいくつくらいあるのでしょうか。
一番最近ではマネキンチャレンジがけっこう流行りましたよね。
私自身は、あんまりYoutuberの動画ってそこまで見ないので、どんなのがあったかはよく知らないのですが、覚えている限りでは、Try not to cry challengeとかTry not to laugh challenge系の、「笑ってはいけない」チャレンジみたいなのがおもしろいのでいくつか見ましたし、Roast yourself challenge「自分をディスろうチャレンジ」などは見ました。
Youtuberの稼ぎ頭の一人、Ryan Higaさんの動画はたまに見るのですが、今回、彼が"Stop the Challenges" Challengeを提言している動画がおもしろかったのでそれを紹介します。Ryanの動画はクオリティも高くておもしろいんですが、いかんせんこの方、超高速でしゃべる方なので、字幕をつけて見ていても、「・・・ちょっと待って今なんつった?」という感じでいちいちポーズして字幕を読まないとついていけません。それゆえにすべての動画をチェックしているわけではないのです。疲れますからね(笑)

★この動画の概要★
Ryan HigaのYoutubeチャンネル"nigahiga"より。
自分はいつも○○チャレンジのトレンドに乗り遅れるとぼやくRyan。「マネキンチャレンジがあったと思ったら”アンディーが来るぞチャレンジ”とか”バックパックチャレンジ”とか、それにしても多すぎじゃない?なんかもう無理やり作ってない?」と自分が過去に作った”Roast Yourself Challenge”「自分をディスろうチャレンジ」を棚にあげて、批判を続けるRyan。「俺は絶対にネットで伝染病みたいに発生するチャレンジ・ブームには加担しないぞ!特にマネキンチャレンジにはな!」・・・

字幕付きです!画面右下の字幕ボタンをonにしてご覧ください。(設定ボタンで字幕→英語にしてください)


いかがでしたか?
クオリティーの高さもさることながら、私は・・・Ryan、いい家に住んでいるなあと思わずにいられませんでした(笑)白壁にアトリウムがあって、3階立てで・・そして見ました?あのプール!?(2:55~)さすがに登録者数1千8百万を超えると、ああいう家に住めるんですね^^


(0:01~) I've never felt so self-concious about my looks before.  
こんなに自分の見た目を気にしてしまうことなんて、今までなかった。 
self-conciousは単語そのものの意味としては「自意識過剰」ということですが、「自分の体形や外見について、自分で気にしてしまう」という意味でよく使われます。
Ryanは最近ひげを伸ばし始めたので、見た目がやたら気になるようですね。こんなにself-conciousだったことはないと言いつつ、「いや、中学時代もそういえば・・」と暗黒の記憶がよみがえります。

(例)
I've put on a lot of weight lately. That has made me self-concious about how I look.
最近すごい太っちゃって、自分の見た目が気になってしかたない。

(0:12) I'm always late to every trend.
俺はいつも流行に乗り遅れる。 
「この動画の主張ももうたぶん誰かが言ってることだろうけど」という導入のあとに、「だいたい俺は流行にはいつも遅れるんだ」と言ってます。
これはそのまま覚えて使えそうですね。

(0:21) I can't help but notice there are SO many challenges lately!
最近やたらチャレンジが多いってことが見えてしまうんだ。 
I can't help but notice:
[I can't help but 動詞の原形]で「~することを避けられない」つまり「どうしても~してしまう」という意味ですから、これは、「どうしても気づいてしまう」という意味です。流行に遅れる自分だからこそ、俯瞰して見れるので、チャレンジがとにかく多すぎることが見えてしまうと言っています。

単にI noticed there are so many challengesじゃなくて、I can't help but noticeと言っているのは、たとえば日本語で、「多すぎですよ」と言うよりも「ちょっと多すぎじゃないですか?」と言うのでは、ニュアンスが違って、後者の方が控えめですよね。ちょうどそんなニュアンスの違いがあって、「みんなのやってることを腐すようなことは言いたくないけど」という気持ちの表れですね。

I could't help laughing.は、単に「笑わずにはいられなかった」ですが、現在形でI can't help but laughだと、ちょっと嘲笑的な意味で「笑っちゃうよ」つまり「ちゃんちゃらおかしいよ」というようなニュアンスになります。 

現在形のI can't help but~は、「本意じゃないしできることならこんなふうに思いたくはないけど」というニュアンスが加わる感じですね。

(1:07) Now it's gonna get to the point where people are gonna get hurt.
もうケガ人が出るよってところにまで来てるよね。 
バックパックチャレンジは、一人の人に複数の人がバックパックをぶつけるという、もはや何がチャレンジなんだかわからないもので、このチャレンジ・ブームももはや暴力行為にまで達しているという話です。
Now it's gonna get to the point where~.はすごくよく使う言い方です。状況が煮詰まってきて、もはや~というところまで来ている。もはや~するいきおいだ。という感じです。
そして、すでにその状況に陥っている場合は、現在完了形で、
It's gotten to the point where~.と表現します。

ワンオペでおなじみの牛丼屋さんが陥った状況なんかもこんな感じで言えると思います。

Now it's gotten to the point where the employees are simply abandoning their work places by not showing up and some premises are going to be unable to open due to the lack of the staff.
従業員が仕事に来ずに職場放棄して、スタッフのいない店が開けられないというような事態にまで、もはやなってきている。

(3:54) As Millennials, we are so much more than a bunch of silly little trendy challenge-jumping bandwagoners.
ミレニアル世代の俺たちは、くだらない流行りのチャレンジに乗っかるバンドワゴンちゃんなんかより、もっとずっとましな存在だよね。
bandwagonerはどう訳せばいいのでしょうね(笑)
とりあえず、自分というものをもたずに流行っているもの、世論の流れに単純に乗っかるタイプの人をbandwagonerと言います。また、be on the bandwagonで「流行りに乗っかる」という意味になります。

ミレニアル世代は、80年代から90年代中ごろまでの生まれの人たちです。簡単に言ってしまうと、日本語で言ういわゆる「若者」です。「若者の○○離れ」とかというような話をする場合、英語では主語はMillennialsになります。

(4:02) It's about time we show the world how great millennials really are.
そろそろ俺たちミレニアル世代の本当のすごさを世界に向けて見せつけてやろうぜ。 
it's about time S+V:そろそろ~する時間だ。

この表現は、なにかを待っているフラストレーションのニュアンスがちょっと入ります。「予定より遅れてるけど、そろそろ~してもいいころじゃない?」という感じです。

基本的に、It's about timeのあとにくるのは主語と、動詞の過去形です。

It's about time you got a hair cut! もういい加減髪切ってきなよ!

ただ、Ryanのセリフのように、現在形の時もあります。違いは何かというと、過去形の方が、「待っているフラストレーション」を存分に言い表せる気がします。

It's about time he comes. そろそろ彼が来る時間だね。
It's about time he came! いい加減もう来るでしょ!

でも基本的には過去形が来るということで覚えておいてください。

あと捨て台詞的に、
"It's about time!"
ということもあります。

これは、
「やっとか!遅いわ!」
という感じです。


***

動画に出てくるいろんなチャレンジ、気になったのはどれですか?私はシナモンチャレンジをYoutubeで検索してみました。予想通りでしたが意外に笑えました^^
 
それではまた! 

今日は、前回に引き続き、Trevor Noahのスタンダップの後半を見たいと思います。ちなみにこれは、南アフリカはヨハネスブルグでのトレバー・ノア2013年単独公演"It's My Culture"からのクリップです。

動画の後半部分(6:00~)からのトランスクリプトになります。
★動画の概要★
アフリカの国、ザンビアを訪れたトレバー。案内人のAliに「何かスペシャルな体験」をリクエストしたところ、Aliの提案は「じゃあ、ショッピングモールに行ってエスカレーターに乗りに行こう!」でした。

★この動画の単語★
mind-blowing(形):衝撃的な、ぶったまげるような
all the rage:大流行している
packed:満員の、ぎゅうぎゅう詰めの 
cart wheels:側転(体操) 


(6:00~)
The highlight of my trip came on my day off. I asked Ali for suggestions. Ali said to me, "Maybe you should drive around Lusaka and meet some of the people. You know, just have a good time."
I said, "Ali, I want to do something special."
He said, "Oh ok. Well, in that case, maybe you can go to the mall. And if you're lucky, maybe you can ride the escalators."
I said, "What?"
"Hey, I'm not promissing anything. But if you're early maybe you can go on once or twice."
I said, "Escalators?"
"I know, mind-blowing, huh?"
I thought he was messing with me until I found out people in Zambia go to the mall just to ride the escalators. It seems ridiculous till you understand the back story. When we were in Zambia, there were only five public escalators. Five. In the whole country. The first escalator was built in August. Not August 19xx. No, no. You guys remember August? August August? August? You guys remeber that? They built their first escalators ever. Yeah. And so now, it's all the rage. People go to the mall just to ride the escalators. But now, I don't want you to picture some dusty village. That's not what Zambia is. It's a beautiful place. They are developing just as we are. They've got the roads. They've got airports. They've got beautiful hotels, stunning shopping malls. They've got everything we've got, even faster internet. They just never had escalators. And now they started building them now. And because of that, people go there and spend the day riding the escalators. Yeah. Dads would go home and fetch their kids. "Children. We are going to the mall."
"To do what, daddy?" "To do shopping." "Oh..." "And to ride the escalators!" "Yeah!"
We couldn't believe this. So we went to the mall, right? We get to the mall. The mall is empty. Escalators are packed! People are standing in lines, going around, doubling back on themselves. There's old people, young people, even couples. There were couples! Guys actually picked up women by saying, "I'm going to take you to the escalator, gal." "Oh, you're so fancy, eh?" Escalators. Some people didn't even know how to ride the escalators. Kids were easy. They just jumped on. Old people would panic. There was one guy who got on the escalator and it was going up. And I guess to compensate for something in his mind, as it went up, he started leaning. He fell down. He was hurt so badly. Oh it's fantastic to watch. We spent like three hours doing this, just watching people riding escalators. And you know what, our patience paid off, as in hour three the most  fantastic thing happened. A school brought a class of children to the mall. And their excursion was just to ride the escalators. It was magic. 30 kids. About 5 years old. The cutest things. They were all in their little black and white uniforms. They were standing together holding hands. They were so excited. They're shining, you know. Not from excitement. The Vaseline. And there's two teachers with the children. And they grab their hands on either end. And in a long train, they start to march through the mall and as they do they start singing at the top of their lungs like little angels. Escalator, escalator...... It was the sweetest thing ever. People were waving at them, smiling. And these kids see the escalators and they lost their minds. These kids went crazy. They're not holding hands. They start screaming and running around and it looked like a zombi movie or something. They're jumping, but then you see the smiles on their face. It looks like the end of Sarafina. You're like, "What the hell is going on here?" These kids are screaming and having the time..They're jumping around doing cart wheels. The teacher can't control them. She's panicking like, "Hey get back. Get back. Two by two! Two by two!" Two by two was one of the kids. I didn't know. She was like "Two by two! Next to me! Next to me! Sing and fine! Sing and fine!" Other kids are still jumping. She can't control them. There was one fat kid. He couldn't jump so he just shook himself. "Escalator!" That was the most amazing thing I have ever seen in my life. It was like I go in a time machine to a time when escalators were new, brand new and popular. So popular that people were taking pictures of the escalators, using their iPhones.
"Chalwa! Technology, eh? Ha ha ha! Who even thinks of these things? Can you imagine? We are in the future now, my man. MechanicaI moving stairs, eh? What are we going to see next? I don't even know. I don't even know. I wonder how it works, eh? Let me just check there. Siri, how does an escalator work? It don't know, eh?"   

in that case それだったら

けっこうよく使います。なんとなく堅苦しいように聞こえますが、「じゃあ」という感じで使われる非常にカジュアルな表現です。

"Jenny wants to have steak but Josh is a vegetarian. So a steak house won't be an option."
ジェニーはステーキが食べたいって言うんだけど、ジョッシュがベジタリアンなんだよね。だからステーキハウスはナシでしょ。
"Well, in that case, I think we should go to Dahl. They've got a plenty of choice for vegetarians."
ああ、だったらダールに行こうよ。あそこならベジタリアン料理もいっぱいあるし。


I'm not promising anything.  絶対にとは断言できませんよ。
「ショッピングモールに行ってエスカレーターに乗ったら?」と提案したあとに、Aliがこう言っています。提案はしても、「絶対に乗れるとは言ってないからね」ということです。

They are developing just as we are. 南アフリカと同じくらい発展している

この公演は南アのヨハネスブルグでのものなので、ここではweは南アフリカを指します。発展途上国はdeveloping countriesと言いますので、ザンビアも南アフリカもすでに発展をとげたdeveloped country(先進国)ではないけれども、同じくらいのレベルで発展している、ということです。
アフリカの国と言うと、どんなイメージをもつでしょうか。毎朝、水を汲みに1時間歩いていくとか、土埃のたつ道路をバイクが縦横無尽に走っていたり、あとはやはりユニセフのキャンペーンのCMなどで見るやせ細った子供たちなんかのイメージも強いですよね。
実際、ザンビアのショッピングモールがどんな感じなのかググってみて、普通に先進国にあるような感じなので驚きました。リンク先にザンビアのショッピングモールの写真があります。
 
トレバーが言うように、ホテルもあるし高速インターネット回線もなんでもあるんだけど、エスカレーターだけが無かった、ということで、iPhoneでエスカレーターの写真を撮るというような、ねじれ現象が起きているのですね。iPhoneはアップグレードから外れたiPhone4などがアフリカに大量に輸出されていますから、けっこう一般市民も持っているんですよね。
 
***
YouTubeにトレバーの語る状況とそっくりの動画があったので笑ってしまいました^^

これはイラクの映像のようですね。
なんかかわいいですね^^


それでは、また!

+++++

トレバー・ノアの半生を綴った本です。
おもしろいです。
超辛口で有名なNew York TimesのMichiko Kakutaniさんからの絶賛の書評はコチラ

 
 

さて、今回から2回にわたってTrevor Noah(トレバー・ノア)のスタンダップを紐解いていきたいと思います(笑)
トレバーについては、特にその生い立ちについては過去の記事をご参照ください。

関連記事:アパルトヘイト(人種隔離政策)の南アで白人と黒人のハーフ(犯罪)として生まれた男 

アフリカの国、ザンビアに行ったトレバー。案内人のAliからザンビアの文化について2つ注意を受けます。
"Trevor, Zambia is a very conservative nation. So, please stay away from profanity."
トレバー、ザンビアはとても保守的な国だ。だから神を冒涜するような言葉は避けてくれ。
"Trevor, Zambia is a very God-loving nation. So, while you're here, don't be gay." 
トレバー、ザンビアは敬虔なキリスト教国だ。だからここにいる間は同性愛は控えてくれ。 
 
ずいぶんおかしな注文だと訝しく思うトレバーでしたが、実はザンビアでは同性愛は刑事罰の対象になり、懲役30年を科せられることもあるということを知ります。ちなみにトレバーは異性愛者です。同性愛は違法・・・? そしてトレバーは、あることにはたと気づきます。同性愛が違法だということは、刑事課にゲイ捜査班があるってこと・・・?
単語リストはトランスクリプトの下にあります。最初に確認してから動画を見るとよいかもです。

I did go to Zambia though. Fantastic place, Zambia. Went there, visited places, had a good time. While I was there, I had a chaperone. He really made my trip. His name was Ali Nani, a sweet guy. His job was to get me accustomed to Zambian culture. Everyday he would give me a new piece of information, some more interesting than others. One day he looks at me and goes, "Trevor, you know, Zambia- Zambia is a very very conservative nation, eh?"
I said, "Oh ok, Ali."
He says, "Yeah, so please stay away from profanity."
I said, "Oh ok. I can do that."
I assumed he meant swearing, right? But I didn't say anything 'cause I wasn't sure if he meant a person or swearing. I wasn't- no, no, no, because in Zambia people have names like Profanity, so- that's how I laughed when I met Screwdriver, eh? That's the same way I laughed. Yeah, because you see, in South Africa, we have African names you can translate like happiness, blessing, hope...those kinds of names, right? But then, in Zambia, people give their names...their children, they get children names off everyday English words. Anything. So, like, table, chair, car, house...Yeah you see like this, you just have to get used to it. It's very hard but you have to keep a straight face, which was difficult because I met a mechanic with sons named Brake and Clutch. That was not-, especially when Brake was running around causing a chaos and his dad was there like, "Stop it, Brake. Stop it, Brake. Stop it. Stop it, Brake." I was like, "He he he. Stop it, Brake..."
But you have to get used to it. It's a cultural thing and so you have to respect it.
And the second warning Ali gave me was even stranger. We were driving through Lusaka, the capital. Ali looks over at me in the car and goes, "Trevor, you know here in Zambia, we're a very God-loving nation, eh?"
I said, "Oh ok, Ali. That's a good thing to know."
He says, "Yes. So while you're here, don't be gay."
"Sorry, what?"
"I know it can be tempting sometimes but don't do it, eh? Don't be gay."
"Don't be gay"? I've never been warned of this in my life. "Don't be gay." Hey, bro, don't be gay. Don't be gay. "Don't be gay"?  
Crazy. Crazy, crazy warning to get, but then I found out why Ali was warning me. It turns out in Zambia being gay is illegal. If you're found to be gay, you will be arrested and sent ot prison for more than 30 years. Yeah...which is a bit of weird punishment...when you think about it. I mean, I'm not saying gay guys would enjoy prison. I'm just saying if I was gay, that's not the worst thing you could do to me. It'd be like, "You're going to jail!" Then I'd be like,"Oh no..." "Don't be gay"? I couldn't believe this. Gays are crime in Zambia...which got me thinking. If gays are crime, that means the police have to monitor it. They actually have to police gay...which means in their police force, they have a gay division. It's a crime. It's a crime. So that means they have a murder unit. They've got a robbery unit. They've got a white-collar crime unit, and they've got a gay unit. Yeah, they've got a little G-unit in their police force. That's responsible for all things gay. That must be the most fun police force to be in in the world. You get to go under cover, dress up really nice, get in touch with your flamboyant side, just have a good time.  I bet sergeants there every morning briefing detectives-
"Good morning, detectives. Welcome everybody. Today, we will be launching a sting operation. We have just been informed of the fashion show that will be taking place. As you know, gays cannot resist the latest trends. Therefore we will be in full attendance to apprehend each and every one of them. Let us make sure we are here. Detective Chepwa?"
"Present."
"Detective Table?"
"Present."
"Detective Mungaye?"
"Present!"
"I think he's in too deep."
How do you police gay? Do they stop you if you look suspiciously gay on the streets? I mean, gay doesn't have look but maybe you've just got a bounce about you, maybe you just have like a bit of pizzazz, maybe, you know. Do the police pull up there just like, "Whooo! You over there. What is the purpose of that flamboyant scarf? Put your hands up! Turn around! Don't tempt me! Don't tempt me! You're going to jail."
How do you police gay? Do they have road blocks, like for drink-driving? Do they have gay road blocks just stopping people in their car?
"Good evening, officer."
"Good evening, sir. Lisense, please. Thank you very much. Mr.Stylish, huh? Tell me sir. Have you been a gay this evening?"
"What? Oh, no no no. I have not been a gay. No no. In fact, I don't gay at all. At all."
"I see. Not even one or two?"
"No no no no. No gays for me. No gays for me."
"Ok. Then tell me sir. What is it that I can smell in your breath? Is that balls?"
"No no no no. I don't even eat chutney. No. No."
"So you're not gay?"
 "No. Not gay at all."
"Then sir. Can you please blow into this?"
Don't be gay.....(後半は次回に!)
 
★この動画の単語★
profanity(名):冒涜
keep a straight face:(笑いをこらえて)真顔でいる
tempting(形):心をそそる
division(名):(官庁、会社などの)~課
under cover:覆面捜査
flamboyant(形):はでやかな、けばけばしい
sting operation(名):おとり捜査
apprehend(他動):逮捕する
pizazz(名):派手な色気
road blocks(名):検問 

オチが非常に下世話です(笑)
ピンと来ない方は動詞blowがWeblio辞書の他動詞10番の意味と、飲酒運転を調べるあの機械に「息をふきかけてくださ~い」という"Can you blow into this?"がかかっていると理解してください。ちなみに息をふきかけるやつは英語でbreathalyzer(ブレサライザー)と言うのですが、日本語では何て言うんでしょうね?「息ふきかけるやつ」?
あと、ballsというのはご存知の通りgolden ballの日本語直訳の意味ですし(笑)、チャットニー(ソース)のブランド名がBallsなので、それをかけてます。

ザンビアの子供たちの名前が日常英単語というのは・・どうなんでしょうね?真偽は定かではありませんが、たぶん普通の名前の方が多いのではないですかね?なんといっても75個の民族言語を持つ多言語文化をまとめているのが共通語である英語ですから、その英語のtableとかchairとかの名前を子供につけちゃったら紛らわしくてしょうがないですよね(笑)

*** 
同性愛が違法の国はアフリカに35か国あるそうです。
それは同性愛がchoiceではなくてorientationである、つまり「選択する余地のない生来の指向である」、とする先進国、リベラル・・etcが共有する認識ではないため、法律で禁止し罰則を設けることで同性愛に走る者を抑止できるだろうという思想なわけですよね。
このスタンダップのネタは、同性愛を取り締まるということのabsurdity、不条理をかなり誇張しつつ伝えているわけですが、実際、ザンビアではこれに近いことが行われていて、同性愛者のジャーナリストが逮捕される事件なども起きています。逮捕された場合、同性愛者がさらされる拷問についてのこんな記事も。まさにコントのような馬鹿馬鹿しさがありつつも、笑えない状況があるわけです。

トレバーは現在、南アフリカからNYに拠点を移してニュースパロディ番組"The Daily Show"のホストを務めています。南アフリカという人種差別のメッカ(?)で培ったトレバーの知識や思想は、ドナルド・トランプ次期大統領選出以来、マイノリティーに広がる不安などで混乱を極めているアメリカの言論界で、今もっとも注目を集めている一人と言っていいでしょう。
トレバー・ノアのスタンダップが私を含め日本人にも理解しやすいと思う理由は、内輪ネタで笑うというスタイルではないからです。彼自身、南アからアメリカに移住してきた人ですから、アメリカでの公演では、アフリカの文化をネタにしたり、南アフリカの公演では、ここが変だよアメリカ的な話をネタにしたり、つまり背景知識がない人に向けたテーマが多いので、外部の人でも十分に楽しめます。アメリカのコメディアンの場合、やっぱりアメリカに住んでいる人にしかわからないネタが多くて、疎外感を感じさせますからね(笑)アメリカ人コメディアンとの違いと言えば、トレバーノアの英語は品行方正なので、スラングの知識がなくても楽しむことができるのがいいですね。

さて、次回は後半部分、「ザンビアで今、エスカレーターが熱い!」をやりたいと思います。
それでは、また!

+++++

トレバー・ノアの半生を綴った本です。
おもしろいです。
超辛口で有名なNew York TimesのMichiko Kakutaniさんからの絶賛の書評はコチラ

 

ご存知でしたか?
私はまったく知りませんでしたが、ナタリー・ポートマンはエルサレム生まれのユダヤ人なのだそうです。先日のJimmy Fallon(ジミー・ファロン)のTonight Showでのインタビューで初めて知って、とても驚きました。いや、だからどうしたと言われると困ってしまいますが(笑) なぜかちょっと一人で盛り上がってしまいました。ちなみに彼女は3歳の時に家族とアメリカに移住したのだそうです。

そして、そのインタビューでは、もう一つ、私の知らなかったことが明らかになりました。
それは、
ユダヤ教徒はクリスマスを祝わない 
ということ。

まったく知識がなかったので、クリスマスを祝わないのは、イスラム教の国くらいなのかなと勝手に思っていて、ユダヤ人という見た目が白人の人たちでクリスマスを祝わない人たちがいるということに、ちょっとびっくりしてしまいました。
知り合いの牧師さんにどういうことなのかと質問してみたところ、
簡単に言うと、ユダヤ教は聖書の旧約、新約とあるうちの旧約聖書のみを聖典としているので、旧約聖書の終わりの救世主が現れるであろうというところまでが教義らしいのです。神が人々の罪を許すために地上に送ったイエス・キリストこそが、神の子であり救世主なのであるという新約聖書の内容はユダヤ教では否定していて、本当にざっくり言うと、彼らは救世主が来るのをまだ待っている状態なのだそうです。
だからイエス・キリストの誕生日であるクリスマスは、特別な日とはされないのですね。

そんなわけで、ユダヤ教ではクリスマスは祝わないけれど、同じ時期にハヌカ(Hanukkah)というお祭りがあるそうです。毎年、12月中の8日間祝われるお祭りで、日にちは毎年異なるのですが、今年は12/24からの8日間ということで、ちょうどクリスマスと重なります。インタビューでは、ハヌカを祝うナタリーポートマンの家族とクリスマスを祝う夫の家族がどんなふうに一緒にその日を過ごすのか、という話をしています。
では、どうぞ。


Jimmy: Are you kidding me? You- you have something to tell me?
Natalie: What do you mean I'm kidding? I'm gonna take it off now? My big pillow.
Jimmy: You're showing your new glowing. 
Natalie: Oh, thank you.
Jimmy: I just made it up. I'll trademark it. You look gorgeous. Congratulations. You're expecting your second baby. This is it?
Natalie: Yes, I am.
Jimmy: Oh my god. I hate to- I hate to assume. 
Jimmy: I saw you over this summer but you didn't say a word to me.
Natalie: Well, it was early. I thought everyone would know 'cause I wasn't drinking. 
Jimmy: I just thought you were clean-living, you know.
Natalie: Yeah.
Jimmy: She rolls like that. Of course. 'cause you're a vegan, right?
Natalie: I am a vegan.
Jimmy: So I was like, "Wow! That's awesome." 'Cause I am neither a vegan nor not-drinking. I was so not pregnant.
Jimmy: But this is unbelievable. This is great. Are people treating you differently? Are they like, "Wow baby!"
Natalie: Well, it's weird 'cause I'm a small person in general. So, you show a lot faster and a lot more when you’re small. Everyone thinks I'm, like, about to pop and about to give birth at any minute, and I have, like, months to go. I went to this store the other day to, like, buy a water and the guy at the check out counter was like, "Almost, huh?" I was like, "No, not at all."
Jimmy: Not even close. Leave me alone. 
Natalie: Yeah, exactly.
Jimmy:  Are you excited about the holidays? This is the perfect time. C'mon, it's so great. This is- eh, I always forget this. Do you celebrate Christmas or...? 
Natalie: I celebrate Hanukkah. I'm Jewish. My husband's family celebrate Christmas, so usually we do Hanukkah at ours and Christmas at theirs, but this year it's the same time, which is really nice. 
Jimmy: That's right. Christmas eve is the first day of Hanukkah.
Natalie: So they're coming to ours and my parents...I was like, I was asking my husband, "Is it ok, you know, for your family if we don't have a tree." And my parents were like, "We can get a tree." So excited, like, my whole life, no Christmas tree, and then all of a sudden we have this great excuse 'cause this is kind of every Jew's secret wish to have a Christmas tree. 
Jimmy: 'cause it's just a festive thing....?
Natalie: It's so pretty. Why can't we have that too?
Jimmy: A menorah and a tree, why not?
Natalie: Yeah.
Jimmy: So are you getting a tree?
Natalie: I think so.
Jimmy: Hey, this is exciting! 
Natalie: 35 years! It took 35 years to get here.
Jimmy: The first Hanukkah tree?
Natalie: Yeah.
Jimmy: The first Christmas Hanukkah tree! Eh, I wanted to help you celebrate your first tree. I got you an ornament. 
Natalie: Thank you.
Jimmy: Yeah, this is, um, this is a Tonight Show- it's kind of blue and silver and it's me all over the place.
Natalie: And where can someone buy this if they wanted to buy it?
Jimmy: All you have to do is to go to JimmyFallon***. We only have 39 left, you guys. What's that? Oh, we have 38 left. They're all numbered and signed. No, that's just for you but it'll give good spirit, not if you need that, I mean, but still-. 
Natalie: That's really nice, thank you.
Jimmy: This is super cute for you. This is a super fun time. I know I'm excited for you and you have another baby as well so this is gonna be fantastic.
 
ナタリーポートマンは普段はsmokeyなアイメイクが多いですが、この日はニュートラルな感じで、そのせいもあるのでしょうか、Jimmyが言ったように輝いて見えますね~。妊娠している女性は、特有の輝き"glow"があるというのはよく言われますし、まわりの人を見ても本当にそうだなあと思います。

You didn't say a word to me.
何にも教えてくれなかったね。 

日本語訳は、責めるような感じになってしまいますが、英語では非難めいたニュアンスは特にありません。もちろん言い方にもよりますが。

She rolls like that.
それが彼女のスタイルだ。 
rollは転がるという意味ですが、スラングでは抽象的に「やる」というような意味になります。
That's how I roll. これが俺流。

ジミーは、ナタリーがお酒を飲んでいないのに気付いたけど、妊娠しているからとは思わなくて、そういうライフスタイルなんだろうと思ったと。ナタリーは動物性のものを口にしないヴィーガンだし、そういうclean-livingを追及しているんだ、かっこいい~としか思わなかった、とのことです。


You show a lot faster and a lot more when you're small.
小柄な人だと、早くにお腹が大きく目立ち始める。 

ここでのshowは目的語がないので自動詞のように見えますが、後ろにthe signs of pregnancyという目的語が省略されていると考えた方がいいでしょう。
 
I celebrate Hanukka
ハヌカのお祝いをやります。 

英語圏の人にこの時期よくされる質問が、"Do you celebrate Christmas?"だと思います。
日本はキリスト教圏ではないし、たいがい仏教徒の国と思われてますから疑問に思うのでしょう。とりあえず宗教のことを聞かれると非常に答えにくいというのが今の日本の状態ですよね(苦笑)
私はだいたい次のように答えています。

Christmas is not a public holiday, but we do celebrate Christmas with Christmas trees, cakes, bottles of champagne and all other fun festive aspects of it. But we don't celebrate it in the religious way. We don't even talk about Jesus. We just talk about Santa. And it's not really a family gathering occasion either like it is in Western countries. We save family stuff for the new year's day. Christmas in Japan is more like a romantic sort of day for couples. They would go to fancy restaurants and enjoy being romantic. People see Christmas even more romantic than St.Valentine's day. And of course, Santa brings presents to Japanese kids as well so it's a good day for them too.    

こんな感じで言うと、だいたい、日本人は仏教徒なんでしょ?と聞かれるので、それにどう答えるかというのは毎回困ってしまいます。江戸時代に国教になって寺が日本人の生活に組み込まれたという背景はあるけれど、日本人が仏教徒かと言うと疑問符がつくと思うのですが、それを説明しようとすると長い複雑な話になってしまいます。ただ国民のほとんどが仏教徒であるタイなんかでもクリスマスはやりますからね。めんどうなことは割愛して、

Buddism is tolerant of all other religions. 仏教は他の宗教に対して寛容である。

というのがいい答え方かなと思っています。

キリスト教圏ではクリスマスは家族が一堂に会して一日中食べ続ける日、という感じです。日本のお盆とお正月みたいな感じですね。
ナタリーはユダヤ教徒なので生まれてから一度もクリスマスツリーが家にあったことがないけれど、夫の家族と一緒にお祝いするために、今年はクリスマスツリーを買おうと両親が決めた、と。ナタリー、本当にうれしそうですね。「ツリーをゲットするのに35年かかりました」笑 every Jew's secret wishというのは、「ユダヤ人がみんな密かに夢見ていること」という意味です。

Jimmyが"Are you excited about the holidays?と言っているように、Christmasをthe holidaysと言い換えることが多いようです。クリスマスを祝わない人たちのことを考慮してということですね。"Merry Christmas!"じゃなくて"Happy holidays!"と言う人がいるのもそういうことでしょう。アメリカはどうかわからないんですが、私の住むNZでは、クリスマスから長い人では1月いっぱいバカンスに出かけます。なのでいろんな公共サービスが滞ります。私はNZのholiday destination(ホリデーで人気の観光地)に住んでいるので、この時期人口が一気に増えて非常につらいです(笑)渋滞やスーパーの行列などで普段なら5分で済む買い物も30分以上かかるからです。この6週間は食料を事前に確保して籠城するローカルも多いです。せっかくの夏なのに・・。そう、こちらでは夏休みなんですよね。・・・今ふと思ったんですが、ということはアメリカとか北半球の国では、クリスマスも休んでさらに別に夏休みがあるんでしょうか・・?ずるいですね(笑)

ハヌカは「光の祭典」とされていて、menora(メノラー)というユダヤのシンボルでもあるろうそく立てを使うようです。詳しくはこちらの日本イスラエル親善協会のページをご参照ください。

***

それでは、また!

 

今日は、今年のエミー賞を受賞したJohn Oliver(ジョン・オリバー)のLastweek Tonightという政治風刺コメディー番組からの動画です。毎週日曜日にやっている番組で、政治風刺番組の中では今のところ視聴率トップですね。

John Oliverはイギリス出身のコメディアンですから、当然発音はイギリス英語です。でもイギリスではほぼ無名だったみたいですね。今年エミー賞を獲って、はじめてイギリス本国で「誰あいつ?イギリス人なの?あ、俺らがおもしろくないって言ってたやつじゃん!」というリアクションとともに思い出された、ということを本人が言ってました(笑)

さて、今日の動画です。 
けっこう「海外の反応」系のサイトで話題になったので、見たことのある方もいらっしゃるかと思います。
日本のゆるキャラについてジョンが紹介し、さらにアメリカでもゆるキャラを作ろうといくつか提案しています。

★この動画の単語★
engage(動):~の関心を引く
quintessentially(副):  典型的に
compel(動):強いる be compelled to~ ~するように迫られる 
instantaneously
(副):即座に
sheer scale:絶大なスケール
apathetic(形):無関心な 

それではどうぞ。
日本語字幕付きの動画です。
 
Finally, tonight. Let's talk about Japan, a nation so vibrant not even Sofia Coppola and the band Air could make it boring. Japan, like every country, has struggled to engage its people with government programs and services. That's why they come up with a quintessentially Japanese solution: Mascots.
These are mascot characters created for local districts throughout Japan to promote the areas. Apparently there are now over 1,500 such mascots.
1500 mascots! So, if you're in Japan and you throw a rock, you'll probably hit one and you'll know it when it happens because you'll probably hear an adorable squeaking sound. And it's not just local district tourism boards that there are official mascots for everything. Some cities have dozens of mascots. This is Norurun, a mascot for a train line, and this is Katakuri chan, the mascot for a notorious Japanese prison. That's right. Their prisons have mascots. And you've got to admit the Shawshank Redemption would be a very different movie if every now and then that thing was walking around in the back ground. That's a different film. That's a very different film. The thing is, mascots can be big business. Just look at Kumamon, one area's lovable bear mascot. He has brought in an estimated 1.2 billion dollars over two years. And if you're wondering why, take a look at this.
That's it. I'm done interacting with humans now. If you ever want to talk to me, wear a Kumamon outfit or get the fuck out!
And, the thing is, he's not even the most popular. That title goes to Funashi, a giant genderless pear, representing the city of Funabashi. And not only does Funashi hold press conferences, he does some pretty incredible TV appearences. Let me show you just one.
I don't know why anyone is still watching this show or any other show now that they know that that video exists somewhere.
Mascot has become such a feature of political life in Japan that foreign embassies are even being compelled to play along.
The Israeli embassy in Japan has unveiled its new mascot to the public. A parrot holding an olive branch named Shalome chan. "I believe some Japanese will see Israel like this character."
Look, people see Israel a lot of different ways but I don't think there's anyone on earth that sees it as that character. But that just proves the power mascots have to reach out and engage people, although not all are instantaneously lovable. For example, the prefecture of Nara is represented by Sento kun, a shirtless boy creature with antlers on his head, who looks like the result of Andre Agassi fucking a reindeer. Or, there's the objectively terrifying Melon Kuma, an angry bear with a melon for a head, who represents Yubari. Now let's watch a local school visit going exactly how you'd imagine it would.
What did they think was gonna happen? It's got bloody teeth and a melon for a head. The problem is, the sheer scale of publicly funded mascots has become a problem. Last year, the Japanese Finance Ministry tried to crack down on them describing some as a waste of public funds, which is rediculous because not only should Japan not be cutting back, we in America should be creating our own mascots to engage people with government agencies. In fact, I'll do some for you right now. If you want the embodiment of justice, forget about that boring blindfolded lady, let me introduce you to Scales the Blind Iguana. You need someone to make Immigration and Costoms Enforcement a bit friendlier? Well, meet Hamilton the Pig in a sailor hat. Look out, he's coming to depork(deport) you. And you know, for the Department of Health and Human services, you can have a...I don't know, a creepy baby doll with Hulk hands wearing a tutu. To be fair, that is no weirder than most Japanese mascots and is just as memorable. I know what you're thinking. You're thinkng, "John, this is all very well, but Japanese put their money where their mouth is and they make these mascots." Well, let me ask you this, "Have we ever let you down before?"
We have made mascots for 11 government agencies. Would you like to meet them all? I can't hear you! Would you like to meet them all? Let's do this! Dim the lights!
Ladies and gentlemen, please welcome your 2015 government agencies. From the Department of Justice, Scales the Blind Iguana! From Immigration and Customs Enforcement Hamilton the Pig! And of course from the HHS, Creepy Baby Doll with Hulk Hands in a tutu! Oh ladies and gentlemen, we are just getting started. From the Department of Transportation, please welcome Stunk the steam punk skunk! She loves trains. And from National Security Agency it's Hoots the NSA Owl! He just wants to know whoooo you've been talking to. From TSA, it's Spike the hedgehog who collects 4 ounce bottles of shampoo and swiss army knives. Spike, did you need to take all those? I can't stay mad at you, Spike. And next for the Department of Energy, Ramjam the Dancing Ram. He's got so much energy he never stops dancing! How's it going there, Ramjam?  How's it going? Of course he's doing well. He loves it! And don't think we've forgotten of the Department of Agriculture or Nasa. We've got a Soybean and Space Gecko just for them! Plus, representing the Bureau of Alcohol, Tobacco, Firearms and Explosives, here is the acclaimed character actor, Bob Balaban!  And finally- he's actually here! And finally, the Department of Treasurery, please say hi, Cornelius the Illuminati Pyramid! It has an eyeball at the top of it. So that's it! This is your 2015 Government Agencies! Look at them dance! Look at them dance, America! You can not be apathetic about what you're looking at here. If you don't feel the importance of government agencies right now, I just don't think I can help you. That's our show. Good night. Join us next week. Farewell!  

Let's talk about Japan, a nation so vibrant not even Sofia Coppola and the band Air could make it boring.
日本の話をしましょう。あまりにも活気に満ちていて、ソフィア・コッポラとバンドAirでさえ、退屈にできなかった国です。 

a nation以下はJapanを「こういう国だ」と言い換えている説明です。
a nationのあとにthat isを入れるとわかりやすいかもです。またso vibrantのsoは[so~that S+V:すごく~なのでSがVする]のsoですので、so vibrantの後ろにthatを補ってあげます。

a nation (that is) so vibrant (that) not even Sofia~ could make it boring.

画面には映画"Lost in Translation"の画が出てますね。2003年のソフィア・コッポラ監督作品で、スカーレット・ヨハンソン演じるシャーロットとビル・マーリー演じるボブの東京での出会いを描いた映画でした。アカデミー賞脚本賞を受賞しています。また、サウンドトラックに、フランスのバンドAir(エール)が参加してるんですね。

ソフィア・コッポラとAirはどちらも作風が割と地味な方ですから、見る人聴く人によってはboringととらえる人もいるでしょうね。それなのに、Lost in Translationはとてもカラフルで刺激的でおもしろかったので、それはひとえに東京の賑やかで刺激的な雰囲気のおかげだろう、という皮肉を言ってるんですね。


And it's not just local district tourism boards that there are official mascots for everything.
(マスコットを作ってるのは)地方自治体の観光課だけではないんです。あらゆる分野で公式マスコットを作っているんです。 
ここは、ちょっと日本語訳が違うかなと思います。マスコットを作っているのは、地元にお客を呼びたい観光課だけじゃなくて、この次に紹介するのるるんは電車の会社のマスコットだし、刑務所にもマスコットがいたり、本当にあらゆる分野の機関で公式マスコットがいる、ということを言ってます。

This is Norurun, a mascot for a train line. This is Katakuri chan, the mascot for a notorious Japanese prison.
この文は、冠詞のおさらいに最適です。のるるんの説明では、a mascot。そしてカタックリちゃんの説明は、the mascotになっています。どうしてでしょうか。

カギは、「それが唯一のものか、それともほかにもあるなかの一つなのか」ということです。
鉄道の会社でゆるキャラがあるところはいくつもあります。のるるんは、たくさんあるなかの一つの会社である東急電鉄、つまりa train lineのゆるキャラで、鉄道関連のゆるキャラとしてもいくつかあるなかの一つなのでa mascotになります。
一方、カタックリちゃんの方は、刑務所の作ってるゆるキャラとしては唯一のものです。だから冠詞はthe mascot。そして、その刑務所は、いくつかあるnotorious(恐ろしいという評判の)な刑務所のうちの一つなので、a notorious Japanese prisonとなります。

カタックリちゃんは、旭川刑務所のゆるキャラなんだそうですが、旭川刑務所ってたしかに重罪の受刑者が行くところみたいですが、別に怖いイメージないし、むしろ、今では全室完全個室化してかなり快適になっているので、自分ちよりも住みやすそうと言う人が後を絶たないという、notoriousとは対極のイメージの刑務所のようです。カタックリちゃんの発表のあと、いくつか英字新聞の記事になっているのですが、そこにもnotoriousとかnotorious for whipping, stabbing..とか書いてあるんですが、これは・・・同じ北海道の網走刑務所と勘違いしてるんですかね?網走といえば、まあ「とうとう俺も行きつく所まで来たか・・・」という・・・notoriousにふさわしいイメージですよね(笑)でもむち打ちとかはさすがにないと思うんですが。日本ってどんなイメージなんですかね(苦笑)

I don't know why anyone is still watching this show or any other show now that they know that that video exists somewhere.
このビデオが存在することがわかった今、うちの番組でもなんでも、これ(ふなっしーのビデオ)以外の番組を見続ける人の気が知れないよ。 
梨の妖精ふなっしーが爆発物から逃げている、って一体どういう状況なの!?・・たしかにここだけ見せられたら今すぐテレビを消してYoutubeで確認したくなるでしょうね(笑)

now that~: 今や~なので

foreign embassies are even being compelled to play along.
外国の大使館までもがその流れに同調する圧力を感じています。 
compelは和英辞典だと「~するように強いる」という感じですが、じゃあforceとはどう違うの?と感じる方もいるかと思います。英英辞典では"force or oblige someone to do something"となっています。このobligeがポイントで、obligeはモラルや義務感の点からある行動をさせるという意味です。つまり、「こうしなきゃいけないんじゃないかなあ」という気にさせることで、その行動をとらせるということ。compelはこちらの意味が強いです。forceだと、無理やり命令したり脅したりして何かやらせる、という感じですが、compelはそれよりも精神的な同調圧力だとか義理やしがらみなどから「やらなきゃいけないよね」と思わせる・・・そんなニュアンスがあります。

形容詞compellingは、よく本や映画などの誉め言葉として使われます。興味・関心をひいて、「先が読みたい!」という圧力を感じさせて一気に読者をひきこんでしまう、という意味です。

To be fair, that is no weirder than most Japanese mascots and is just as memorable.
不気味な赤ちゃん人形は、日本のマスコットと同じくらいかわいいし、同じくらい印象的だ。 
ここも日本語訳がちょっと違うので注意です。この赤ちゃんドールは気持ち悪いって言う人がいると思うけど、そんなふうに悪く言うのはフェアな意見じゃない!to be fair、フェアなコメントとしては、日本のマスコットでこれと同レベルのかわいさなのはいっぱいいるし、印象的かどうかで言ったら日本のにひけをとらないじゃないか!という意味です。

no weirder than most Japanese mascots:
no 比較級 than ~は、ものすごくわかりにくいです。
notじゃなくてnoで否定している場合は、比較級の意味そのものも否定してます。

My house is no larger than yours.= My house is as small as yours.

私の家はあなたの家より大きくない、ということが言いたいんじゃなくて、
あなたのおうちも小さいけど、私のも同じくらい小さいのよ、と言いたいわけです。

Johnとしては、日本のゆるキャラはかわいいけど、赤ちゃんドールだって同じくらいかわいいと言いたいんですね。
うーん。複雑でわかりにくい。。詳しくは、このページの解説を読んでくださいね。

is just as memorable:is just as memorable as most Japanese mascots: 日本のマスコットと同じくらい印象的だ

John, this is all very well but Japanese put their money where their mouth is and they make these mascots.
ジョン、いろんなキャラを考えるのはいいけど、日本人は有言実行、ちゃんと実際にマスコットを作ってるよ。 
all very wellは「それはそれでいいんですけどね」という感じで、要は「それじゃあ何か足りないんじゃないの」というちょっとネガティブなニュアンスの決まり文句です。だいたい次にbutがきます。

It's all very well saying "I feel for you," but they never helped me financially.
同情してくれるのはありがたいけど、実際に経済的に助けてくれるなんてことはしてくれなかったよ。

put one's money where one's mouth is: 口で言うだけじゃなくて、ちゃんと資金を投じて実行する

***

いかがでしたか?
怪優(character actor)Bob Balabanが、なんでアルコール・たばこ・火器及び爆発物取締局の代表なのかわからなかったので、いろんな記事を見てみましたが、for some unknown reasonと書いてあったので、アメリカ人視聴者も普通にわけわからない配役だったようです。このビデオは2015年5月の放映だったのですが、今年の4月にもボブは変な役で出演してたので、たぶん準レギュラーなんでしょう(笑)イルミナティ―が出てくる前のJohnのHe's actually here!はボブが本当に来ていることを指しているので、闇の組織イルミナティ―が本当にいます!という意味ではないと思います。イルミナティのピラミッドは、「プロビデンスの目」と呼ばれるもので米ドル紙幣にも印刷されてるシンボルです。イルミナティやフリーメーソンに関する陰謀論の象徴とも言えます。


今の政治風刺っぽい深夜番組のホストは、The Daily Showの前ホストJon Stewart時代に、correspondant(特派員)をやっていた人たちばっかりで、John Oliverもそうですし、Samantha Bee、Stephen Colbertもそうです。言わばみんなJon Stewartが育てた人たちなんですね。今やみんなそれぞれ人気の冠番組を持ってますが、John OliverはとくにJon Stewartの後継者と言われていたんですよね。ところが、彼はJonが辞める前に卒業して自分の番組を持っちゃったので、いよいよJonがThe Daily Showを辞める段になったらJohn OliverもSamantha Beeもいないし、いろんな人に声をかけても、伝説的司会者のJonの後を継ぐのは勇気がいるわけで、なかなか見つからなくて、最終的にJonの一声で、南アフリカから人気コメディアンのTrevor Noahを輸入することになった・・・という経緯がありました。Trevor Noahの動画は以前にも取り上げていますが、彼のスタンダップコメディーの動画を次回から2回にわたってやりたいと思っています。

それでは、また!
 

今日は前々回も取り上げたコント番組「Key&Peele」の動画です。

場面は中学校でしょうか。数学の時間です。
今日は三平方の定理を習っているようです。三角形の斜辺を英語では hypotenuse(ハイポテヌス)と言うのですが、その単語を聞いたJoelが思いついたダジャレを隣の席のTroyに小声で披露します。
それは、
I wish I were high on potenuse.
つまり、
あー、ポテヌスでハイになりてえ。

「ポテヌス」って響きが危険な感じですが(笑)、これは、high on pot、つまりマリファナでハイになるというのとも掛かってるわけです。
 
大受けするTroyですが、図らずもJoelのダジャレを横取りする結果になってしまいます。

ではどうぞ!
字幕付きですので、画面右下の字幕をonにしてご覧ください。


 
JoelのギャグはTroyのものとして、校長先生にも大受けし、さらにチャリティーの件で学校を偶然訪ねていたコメディアンのGabriel Iglesias(ガブリエル・イグレシアス)にも気にいられ、彼のショーの前座(opener)をやるという話にまで発展します。そしてそして最終的にはオバマ大統領(?)からのメダルまでもらうことになるのでした。ところで、オバマ大統領のものまね、けっこう上手ですよね(笑)


You really got me on that one.
本当にこのダジャレには参ったわよ。 

数学の先生のセリフです(1:08)
You got me: 参ったな。一本取られたよ

You know, it's not really cool, buddy, to take credit for other people's jokes.
君、ほかの人のジョークを自分の手柄にしようとするのはいただけないな。 

コメディアンGabriel Islesiasのセリフです(2:18)
take credit for~:~を自分の手柄とする

この表現がよく使われるのは、謙遜して自分の手柄ではない、と言いたいとき・・・

「このプロジェクトの成功は私だけの手柄ではないですよ。ジョンがだいぶ助けてくれましたから」
I can't take all the credit for the success of this project. John helped me a lot.

そして、誰も言ってくれないけど、実は自分の手柄なんだよと(冗談ぽく)言いたいとき・・

「トムが結婚できたのは、あたしのおかげだよね」
I'll take credit for Tom getting married.


He deserved it.
彼に見合った抜擢ね  
deserveは~の価値に見合うという意味ですが、いい意味でも悪い意味でも使います。
たとえば、
浮気ばかりしてきて、妻から離婚を言い渡された男についても、

He deserved it.
当然の報いよ。

と言えます。
 
Et Tu, nerdy girl?
お前もか、ネクラ女子よ。 
 Et tu, Brute?は「ブルウタス、お前もか」という暗殺されるカエサルの有名な言葉ですね。
ちなみにJoelが言って激しく糾弾されたダジャレですが、dangleは男性の大事なところの隠語です。
先生のリアクションが怖いですね(笑)

That really cracked me up.
本当に笑わせてもらいました。 

 crack ~ up:~を大笑いさせる。


You crack me up!
めっちゃうける~
 
off-the-cuff line
アドリブのセリフ 

 off the cuff: not planned、準備なしで、アドリブで

***
いかがでしたか?

最近ちょっと停滞気味だったのですが、また更新頻度をあげていきたいと思います!
それではまた!